日本の家族の様子がわかる「遠くても安心プラン」 アマゾン・アレクサ対応!

海外に赴任・永住している家族が、日本に残された家族の生活ぶりを、主要家電の利用状況からアプリで緩やかに見守ることができる東京電力エナジーパートナー社が運営するTEPCOスマートホームのサービス「遠くても安心プラン」がアマゾン・アレクサ(Amazon Alexa)対応の新機能を追加した。

このサービスはインフィメティス株式会社が持つ技術やアプリを東京電力に提供し東京電力エナジーパートナー社が提供。日本国内で「家が、家族になる」をコンセプトに、「人と人」、「人とモノ」をネットワークに繋ぐ技術で、家族の絆と安心を深め、快適な居住空間を提供する「TEPCOスマートホーム」のサービスを展開している。

日本に住む家族は最初の施工訪問だけで簡単に利用が開始できる。

「普段通りに食事をしているかな、掃除洗濯できているかな」などがメールとWeb画面で簡単に確認が可能。平時とは異なる家電の使い方をした場合や、猛暑の日にエアコンを利用されていない場合などに確認を促すメールを送信する機能もあり、遠くにお住まいの高齢のご家族を見守ることもできる。サービス対象地域は沖縄と離島を除く日本全国で、東京電力との電気契約は必要ない。

また11月8日より「遠くても安心プラン」に、アマゾンが開発した音声認識技術「アマゾン・アレクサ(Amazon Alexa)」を搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」に対応する新機能を追加した。

これにより、Amazonが販売するAmazon Echoに話しかけるだけで、スマートフォンの画面を操作することなく簡単に、遠く離れたご家族の暮らしぶりを見守ることができる。

■詳細:https://www.service.tepco.co.jp/s/Anshin_Tooku/
■製品紹介動画:
(娘と父編)

(Amazon Echo対応編)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-9-15

    UCLAアメフトチームで 活躍する日本人庄島辰尭 (しょうじまたつあき) 選手

    開幕を3週間後に控えた8月中旬。トレーニングキャンプも2週目を迎え、ロサンゼルスからサンバー...
  2. 2017-7-4

    第50回 いつか帰りたい

    あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...
  3. 2017-7-2

    アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  4. 2013-10-5

    シリーズ世界へ! YOLO⑭ Pura Vida! コスタリカ 前編

      Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  5. 2017-5-4

    トピックス もしかしてノイローゼ? 7つの前兆

    集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る