本田圭佑、カリフォルニア州オレンジ・カウンティSCの経営に参画

現在、メキシコのサッカー1部リーグのパチューカに所属している本田圭佑が、カリフォルニア州のオレンジ・カウンティ・サッカークラブのオーナーシップに参画することを発表した。

オレンジ・カウンティSCはアメリカのユナイテッド・サッカー・リーグに所属しているカリフォルニア州アーバインのサッカークラブ。本田のマネジメント会社「ホンダ・エスティーロ(HONDA ESTILO)」はすでにウガンダ、オーストリア、カンボジアでプロサッカークラブの経営に携わっており、今回のオレンジ・カウンティSCは4度目の取り組みとなる。

2017年12月29日(金)にはオレンジ・カウンティのホームスタジアムで記者会見が行なわれた。当日は本田圭祐も壇上し、「この日を迎えられて嬉しく思う。2026年のワールドカップに向けて、アメリカで若いサッカー選手を育てていく良いチャンスだ」などと意欲を語った。

今後はユース選手の育成や大会の実施、留学プログラムの実施などに取り組んでいくという。また、日本人選手のクラブ加入も検討しているとのことだ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-2-2

    原始時代に戻って健康になる パレオダイエットとは?

    食物は加工せず 添加物もなし  ここ数年、「新しくて古いダイエット法」と呼ばれ、注...
  2. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  3. 2018-1-5

    永住権保持者の子どもが日本で生まれたら?

    アメリカに住んでいる永住権保持者が、アメリカを数カ月離れる必要があり、米国外で子どもを産むこ...
  4. 2018-6-1

    山にシティに魅力の宝庫コロラドは、 美しい。

    あれもこれも楽しめる 進化し続ける都市・デンバー ロッキー山脈は、北米大陸を約300...
  5. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る