ビバリーヒルズで和歌山産柿のセミナーと試食会開催

2017年秋に日本産柿の米国への輸入が解禁されたことを受け、2018年1月12日、ビバリーヒルズの日本食レストラン四季で、和歌山産柿をお披露目するセミナーと試食会がジェトロ主催により開催された。

この日のメインイベントは、柿の収穫量では日本一を誇る和歌山産柿の出荷元、紀北川上農業共同組合の組合長、宮崎卓郎氏によるセミナー。セミナーでは、和歌山で柿が丁寧な手作業で栽培、収穫されていることに加えて、柿の栄養面での優秀さがミカンやリンゴに比較して紹介された。すでに、カナダのバンクーバー、アジアの香港、マレーシア、タイでは和歌山産の柿が売り出され、好評を博している。宮崎氏からは「ハロウィンのシーズンに柿が出回る季節が合っていることもあり、ハロウィンのテーマカラーであるオレンジ色にかけて柿をアピールしたところ、人気を呼んだ」というエピソードも披露された。

セミナー後は、四季の杉山ナオ総料理長が和歌山産柿に腕をふるったコース料理が振る舞われた。和歌山産の梅酒を使った柿パンチに始まり、あん肝のみぞれ柿餡かけ、柿とクラゲの胡麻酢和え、柿の天ぷら、柿の棒鮨 柿の酢じめ載せと、すべてに柿を使ったメニューに参加者らは舌鼓を打った。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  2. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...
  3. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  4. 2017-7-1

    3人の起業家たち それぞれのサクセスストーリー

    コツコツ取り組んでいれば チャンスは必ず訪れる Maruhide Marine Pr...
  5. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る