JAL国際線の機内食がパワーアップ

国際線ファーストクラスの和食で
「石かわ」「虎白」とのコラボレーションメニューを提供


JALは、欧米線、豪州線、東南アジア線で、「空の上のレストラン」をコンセプトに、「スカイオーベルジュ BEDD(ベッド) by JAL」という、従来の機内食の枠を超えた、最上級の機内食を提供している。2018年3月1日から、スターシェフで結成されたドリームチームの新たなメンバーとして、いずれもミシュランガイド東京に三つ星店として掲載されている神楽坂「石かわ」の石川秀樹シェフと「虎白(こはく)」の小泉瑚佑慈(こうじ)シェフを迎える。

左:炊き合わせ、飯物、留め椀、香の物 右:甘味


左から先付五種、お椀、お造り


3月1日からJAL「空の上のレストラン」では、ひとつの和食コースの中に、伝統的で正統な極上の和食を得意とする石川シェフの料理と、斬新な食材を自在に操り新しい和食に挑戦する小泉シェフの料理を組み合わせた、JALファーストクラスでしか体験できない世界で唯一の和食料理を提供する。

■対象クラス : ファーストクラス
■対象路線 :成田発 シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス行き、
羽田発 ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリ行き

JAL国際線機内食『AIR Japanese Soba Noodles 蔦』を提供

日本航空株式会社と、「Japanese Soba Noodles 蔦」を運営する株式会社79は、機内食「AIR シリーズ」第27弾である『AIR Japanese Soba Noodles 蔦』を共同開発し、3月1日より国際線日本発欧州、米州、豪州線(一部を除く)にて提供する。

『AIR Japanese Soba Noodles 蔦』は、世界で初めてミシュランガイド一つ星のラーメン店として掲載された「蔦」の代名詞ともいえる香り高いトリュフオイルと鶏油(チーユ)を合わせた特製タレを麺と絡めていただく「混ぜソバ」スタイルの食事。「鶏油Soba」は以前、「蔦」において期間限定で提供していた幻のメニューで、JAL機内食のためにアレンジして復活させた。

■対象クラス:プレミアムエコノミークラス/エコノミークラス
■提供期間:2018年3月1日(木)~5月31日(木)
■対象路線:
成田発:シカゴ、ダラス・フォートワース、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、
バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、メルボルン行き
羽田発:サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン(JL043便)、パリ行き
関空発:ロサンゼルス行き
※いずれの路線も、到着前の2食目のお食事として提供します。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-10-1

    「夢はたくさんあり過ぎて どれかひとつは選べない」

     この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  2. 2014-7-20

    日本へ一時帰国スペシャル 案外成田が面白い!

     成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  3. 2017-7-1

    第152回 車のフロントガラスの修理について

    前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  4. 2017-9-3

    第56回 日本のナチュラルワイン人気について

    日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  5. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る