LA郊外オールドパサデナに「クラッキン・キッチン」がオープン

左:オールドパサデナのプライムロケーションに立地 右:壁面のデザイン画が印象的な内装

ハワイアン・ケイジャン・シーフードのレストラン「クラッキン・キッチン」が本日(3月30日)、ロサンゼルス北郊のパサデナのオールドパサデナ地区に、ハワイ店に次ぐ米国本土1号店として開店した。

クラッキン・キッチンのハワイ店は、カニ、エビなどの新鮮な魚介料理を楽しめるカジュアルレストランとして人気を博している。食べ方が独特で、紙製のテーブルクロスの上に直接置かれた3種のフレーバーの魚介を、手袋を装着した上で、手づかみで自由に味わうというもの。

手づかみで食べるシーフード。3種のフレーバーが楽しめるアルティメットコンボ

ロサンゼルス地域にMARUGAME UDONやTOKYO TABLEを展開し、クラッキン・キッチンも手がけるトリドール・ダイニング・カリフォルニアの後藤淳社長は「本来は海の近くのロケーションがコンセプトに沿っているが、ロサンゼルスではあえて、人が集まるという理由で、(内陸の)ここオールドパサデナに出店した」とコメント。オールドパサデナには、おしゃれなショップや行列のレストランも数多く、それらの店舗との相乗効果も期待できると話す。

同店は目抜き通り、コロラド・ブルバードに面した、クラシックな趣の建物の1階にある。高い天井のロフト的空間が心地よく、クラッキン・キッチンのイメージに合ったシーフードをテーマにした壁面のデザイン画がカラフルな印象を与える。

家族や友人同士で新しいダイニング経験を、という時に、是非出かけてみてほしいレストランだ。

左:アペタイザーのシーフードプラッター。日本の有名カニ料理専門店と同じカニを使用
右:ほんのりと醤油味が感じられるグアバソイウィングチキン

Crackin’ Kitchen
■住所:115 E. Colorado Blvd., Pasadena CA 91105
■電話:626-714-7227
■詳細:www.crackinkitchen.com

デザートは、ジャムやチョコレートソースでデコレーションを施してくれる

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  2. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  3. 2018-2-7

    第65回 学校の環境とそこでの出会い

    2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  4. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  5. 2018-4-3

    CPTとOPT(アメリカの学生のための労働許可)の違いとは? PART 1

     今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る