LA郊外オールドパサデナに「クラッキン・キッチン」がオープン

左:オールドパサデナのプライムロケーションに立地 右:壁面のデザイン画が印象的な内装

ハワイアン・ケイジャン・シーフードのレストラン「クラッキン・キッチン」が本日(3月30日)、ロサンゼルス北郊のパサデナのオールドパサデナ地区に、ハワイ店に次ぐ米国本土1号店として開店した。

クラッキン・キッチンのハワイ店は、カニ、エビなどの新鮮な魚介料理を楽しめるカジュアルレストランとして人気を博している。食べ方が独特で、紙製のテーブルクロスの上に直接置かれた3種のフレーバーの魚介を、手袋を装着した上で、手づかみで自由に味わうというもの。

手づかみで食べるシーフード。3種のフレーバーが楽しめるアルティメットコンボ

ロサンゼルス地域にMARUGAME UDONやTOKYO TABLEを展開し、クラッキン・キッチンも手がけるトリドール・ダイニング・カリフォルニアの後藤淳社長は「本来は海の近くのロケーションがコンセプトに沿っているが、ロサンゼルスではあえて、人が集まるという理由で、(内陸の)ここオールドパサデナに出店した」とコメント。オールドパサデナには、おしゃれなショップや行列のレストランも数多く、それらの店舗との相乗効果も期待できると話す。

同店は目抜き通り、コロラド・ブルバードに面した、クラシックな趣の建物の1階にある。高い天井のロフト的空間が心地よく、クラッキン・キッチンのイメージに合ったシーフードをテーマにした壁面のデザイン画がカラフルな印象を与える。

家族や友人同士で新しいダイニング経験を、という時に、是非出かけてみてほしいレストランだ。

左:アペタイザーのシーフードプラッター。日本の有名カニ料理専門店と同じカニを使用
右:ほんのりと醤油味が感じられるグアバソイウィングチキン

Crackin’ Kitchen
■住所:115 E. Colorado Blvd., Pasadena CA 91105
■電話:626-714-7227
■詳細:www.crackinkitchen.com

デザートは、ジャムやチョコレートソースでデコレーションを施してくれる

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-3-2

    第101回 エネルギー

     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  2. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  3. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  4. 2017-6-5

    第104回 リーシの意味

     私と愛犬ノアが住むコンドミニアムには、住人同士で情報や意見を交わし合うWeb Si...
  5. 2019-2-4

    髪の色を決める「メラニン色素」

    私たちの体はメラニン色素で守られている 人間の髪の色を決めているのは、メラニン色素。シ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る