ニューヨーク国際自動車ショーでマツダ「2019 CX-3」の商品改良車を発表

2019-CX-3_03

このたびマツダ株式会社(以下、マツダ)は、ニューヨーク国際自動車ショーで「マツダCX-3」の商品改良を発表。あわせて次世代商品群の先駆けとなるデザイン「マツダ 魁 CONCEPT(マツダ・カイ・コンセプト)」および次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」を北米初公開した。

Jacob K. Javitsコンベンションセンターで開催された今回のショーで、毛籠勝弘マツダグローバルCMO(チーフマーケティングオフィサー)およびマツダノースアメリカンオペレーションズ社長兼CEOは、2021年に稼働開始予定のトヨタとの合弁新工場を通じ米国へのコミットメントを語った。さらにサブコンパクトクロスオーバーSUV、マツダCX-3の2019年モデルの改良点も、会場に集まったジャーナリストを前に発表。

新しいCX-3のインテリアは大幅に改良され、特に電動パーキングブレーキを採用したことによって空間を確保し、収納スペースが大幅に拡大した。さらに、よりスムーズかつ高効率化したSKYACTIV-G 2.0ガソリンエンジン、フルレザーシートのオプション設定、NVH(騒音・振動・ハーシュネスの略称)の改良、より快適な姿勢をサポートするよう再設計されたシートなど、あらゆる領域で進化。マツダCX-3では高い評価を得ている優れたドライビングダイナミクスやパッケージに改良を加えたデザインなど、さらなる向上を図っている。

会場では「マツダ 魁 CONCEPT」および「SKYACTIV-X」エンジンを展示。「魁」は「先駆け」を意味し、ボディサイドの繊細な光の動きがもたらす生命感溢れるフォルム、そして無駄を削ぎ落とす「Less-is-more」のアプローチによって、より自然な生命感とエレガンスの共存を目指すマツダの魂動(こどう)デザイン哲学を表現している。ガソリンエンジンにおいて圧縮着火を制御する技術を世界で初めて実用化した「SKYACTIV-X」を採用する「マツダ魁CONCEPT」は、同社が目指す次世代のクルマづくりを体現している。

マツダ 魁 CONCEPT

マツダ 魁 CONCEPTの美しい内装

「サステイナブルZoom-Zoom宣言 2030」で発表したマツダの技術開発の長期ビジョンに基づき、マツダは2030年までに企業平均CO2排出量を2010年比で50%削減を目標としている。現行の「SKYACTIV-G」エンジン対比で20~30%の燃費向上を実現する「SKYACTIV-X」の導入はこの取り組みの一環であり、マツダ車の2019年モデルから搭載する。

SKYACTIV-Xはマツダの「サステイナブルZoom-Zoom宣言 2030」の長期ビジョン実現への第一歩であり、マツダは将来においても「地球」「社会」「人」とクルマが共存する世界の実現を目指し、「走る歓び」に溢れたカーライフを通じてお客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指す。

■マツダノースアメリカンオペレーションズ公式Twitterおよび公式Instagram:@MazdaUSA
■公式Facebookアカウント:Facebook.com/MazdaUSA

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  2. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  3. 2016-10-2

    シリーズアメリカ再発見㊽ 地球は回っている ハワイ島マウナケアの日の出

     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  4. 2017-10-1

    グループ全体のビジネスコンテンツを 日系企業のグローバリゼーションの共通インフラに

    人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...
  5. 2014-7-20

    日本へ一時帰国スペシャル 案外成田が面白い!

     成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る