在米アーティストのためのシンポジウムをNYで開催

左上:加藤恵子さん、左下:岩佐麻里子さん、右上:打木希瑤子さん、右下:ヨシ天尾さん

ニューヨークを拠点とし、パフォーミングアーツ支援の活動を主とする非営利団体「CATCH US PERFORMING ARTS(CUPA)」が、2019年4月8日(月)にマンハッタンにあるRipley-Grier Studiosでアーティスト・シンポジウムを開催する。同団体は、日本をキーワードに若手育成、アーティスト支援を目的とし、文化、芸術、エンターテインメントを通して、日米交流とより良い社会を作りを目指している。

同団体は、去る1月21日、石榑雅代(琴奏者)、Ka-Na(シンガーソングライター)、小森悠冊(ダンサー)、田中太山(書画家)を迎え、マンハッタンにあるオペラアメリカで設立記念イベントを開催。今回のシンポジウムでは、未来を担う若手や米国で活動中のアーティスト、パフォーマーを募り、移民弁護士によるレクチャー、質疑応答、実績のあるアーティストやプロデューサーを迎えてのパネルディスカッション、意見交換会を行う。

第1部では、移民弁護士の加藤恵子氏が米国におけるビザ申請、取得、また現在の移民法についてのレクチャーと質疑応答を実施。なお、CUPAのウェブサイトでは事前にアーティストへのアンケートをネット上で行い、質問を募る。それらをまとめたものと、当日の参加者からの質問も織り交ぜながら加藤弁護士が回答する。

第2部のパネルディスカッションでは、役者のヨシ天尾(Samurai Sword Soul)が司会を務め、プロデューサーの打木希瑤子(New York Hallelujah Company, LLC.)とパフォーマーの岩佐麻里子をパネリストとして迎え、彼らの体験談や米国で活動するうえでのアドバイスを聞く。

CUPA主催第一回アーティスト・シンポジウム
■出演:加藤恵子(移民弁護士)、打木希瑤子(プロデューサー)、岩佐麻里子(パフォーマー)、ヨシ天尾(司会)
■開催日時:2019年4月8日(月)7:30pm開演
■開催場所:Ripley-Grier Studios, Room 16FG (520 8th Avenue, 16th Fl., New York, NY 10018)
■入場料:無料
■申し込み:http://catch-us.eventbrite.com
■事前アンケート:http://catch-us.org
■問い合わせ:201-942-0555 または info@catchus.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  2. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  3. 2017-2-1

    日本の食 自然志向最前線

    加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...
  4. 2015-10-23

    シリーズアメリカ再発見㊶ ハワイ島 マウナラニの息吹

    活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成す...
  5. 2018-1-1

    一生に一度は泊まりたいアメリカのホテル7

    湖畔に佇む 重厚な古城風ホテル Mohonk Mountain House New Pal...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る