テキサスの著者が考察・解説「ブルシット! Bullshit!」本をプレゼント

著者は、アメリカのおへそとも言えるテキサスの州都オースティン在住の、テキサスひらめ。3人の子供を育てながら四半世紀を過ごした。大人になった子供たちと夫の会話に、英単語「shit」があまりに頻繁に登場することに興味を抱く。ブル(牛)のふんだけではなく、馬、ニワトリ、サル、コウモリまで。イメージ豊かな「shit」の表現の数々を聞き取り、さらに映画の中で使われる同単語も調査し、考察した。多数の例文、カラーイラスト入り。学校では習うことができない、英語とアメリカ生活のユニークな解説書。読者1名にプレゼントする。
book cover r72
■詳細:texashirame.com
■応募方法:①名前、②住所、③フロントラインへの感想と今後取り上げてほしいテーマ、を明記して、件名を「テキサス本応募」とし、present@usfl.comへ、Eメールで。応募締切は12月7日(月)。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  2. Day 1 ︱ 6 December 2012 記録時間1930hrs 緯...
  3. ミッドランドへ    旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは19...
  4.  ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  5.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る