台湾&香港「マルチデスティネーション・ツアー」キャンペーン、北米発アジアを回ろう!

 台湾観光局(TTB)と香港政府観光局(HKTB)は、北米市場に向けて、「マルチデスティネーション・ツアー」と銘打って、複数の旅先をめぐる共同企画を発表し、キャンペーンを行っている。

 航空会社の多数進出により、アメリカからの旅行者は、台湾と香港に、乗り継ぎなく、一度の長距離フライトで到着できる。実際、アメリカと、台湾/香港間は、週に200以上の直行便が飛んでいる。また、台湾と香港間のフライトは、1日に60便以上もある。

 台湾も香港も、旅行者に好まれ、多くの人が訪れる場所で。うまく組み合わせて、両方を一度に楽しんでしまおう、という企画ができた。

 台湾には豊かな文化・歴史の名所があり、個性的な自然景観や伝統的な食が楽しめる。一方で、香港には、東洋の真珠と称される魅力、活気あふれる都市型生活がある。どちらも、ワールドクラスのショッピングやサービスが整っている。

TTB

 台湾観光局ロサンゼルス支局のブラッド・シー局長は、「マルチデスティネーション・ツアーは、観光資源の統合によって、多面的で互いに補い合う娯楽の力で、観光国同士の訴求力を強化する、アジアの近隣諸国とのコラボレーション企画の第1弾として、アメリカ人旅行者を引きつけるものだ」と説明している。

 たとえば、SITAワールドツアーズでは、台湾と香港への11日間のパッケージ旅行を組んで提供している。エバー航空の直行便を利用し、台湾島全土を深く知ることができる内容だ。蒋介石記念館、故宮博物院、日月潭、佛光山寺、太魯閣国家公園、墾丁などが含まれる。台湾から1時間のフライトで香港に到着し、ビクトリアピーク、レパルスベイ、アバディーンでの観光をする。

 また、ソニックトラベル&ツアーズは、台湾/香港/マカオをめぐる9日間の食の発見ツアーを行っている。台湾では、宜蘭の名物料理、チェリーバレーの3通りの食べ方があるローストダック、 九份のタロアイス、花蓮の郷土料理などを楽しむ。香港では、ヨンキーの美味しいローストグース、サイコンの魚介料理、ランフォンユンのシルクストッキングミルクティーを。マカオではの、淡水蟹のおかゆ、ポークチョップなどが食べられる。

 「台湾と香港」の組み合わせ以外にも、「台湾と韓国」または「台湾とタイ」というパッケージも、大手旅行社から次々に発売されている。

 たとえば、フォーシーズンズツアー・アンド・トラベルは、台湾の故宮博物院と韓国の景福宮、台北の龍山寺とソウルの奉恩寺、淡水老街と明洞のショッピング街などを組み合わせて回るパッケージツアーを販売中だ。

■マルチデスティネーションのパッケージツアーを販売している旅行代理店の例

Affordable Asia (台湾とタイ)
Tel: 1-888-737-2742

Four Seasons Tour and Travel (台湾と韓国、台湾とタイ)
Tel: 909-444-5500, ask for Jolly Jin

Hana Tour (台湾と韓国)
Tel: 213-201-5370

SITA World Tours (台湾と香港、台湾とタイ)
Tel: 1-800-421-5643, 3を押す (2016年5月31日までに予約すると2人1組につき100ドルのディスカウントが適用される)

Sonic Travel & Tours (台湾、香港、マカオ)
Tel: 323-266-8988, Jenny Changまで

Tarzana Tour (台湾と韓国)
Tel: 818-996-1628

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る