サウスリムへ一直線「グランドキャニオン鉄道」なら渋滞も駐車場も心配なし!

 メモリアルデーの週末が明けると、いよいよ本格的な夏の到来だ。アメリカ各地の国立公園は、どこも旅行者でいっぱいになる。

 今年は、アメリカ国立公園局(National Park Service)の設立100周年で、さまざまなイベントがあり、盛り上がっているため、いつも以上に、夏場の大混雑が予想されている。公園局も、「Long Lines, Full Parking Lots」と表現しているほどだ。

Courtesy of Grand Canyon Railway

Courtesy of Grand Canyon Railway

 なかでも海外からの旅行者に人気のあるグランドキャニオン国立公園は、昨年、年間入場者数が過去最高に達した。今年も、春休みには、駐車場が満杯になり、長い行列ができたという。夏は、シャトルバスに並ぶ列がさらに長くなり、駐車場は11amには満杯になると予想されている。

 そんなストレスを避けて、環境にも優しい旅をどうぞ、と、グランドキャニオン鉄道(Grand Canyon Railway)がアピールしている。

 5月28日から9月5日まで、毎日2便(9:30am発と10:30am発)の鉄道を運行。アリゾナ州ウィリアムズの街中にある駅を出発し、グランドキャニオンのサウスリムの入り口まで、連れて行ってくれる。

Courtesy of Grand Canyon Railway

Courtesy of Grand Canyon Railway

 ウィリアムズは、グランドキャニオンの入り口となるフラッグスタッフの西約30マイルに位置する。インターステート40号から近く、ドライブ客にも便利なロケーションだ。

 片道65マイルで、所要時間は約2時間15分。帰りは、グランドキャニオンを5:45pmと6:45pmに出発する。

 料金は、往復で、大人79ドル、子供47ドル。

 コーチクラスでは、西部劇さながらの撃ち合いや、ミュージシャンの弾き語りなどがあり、飽きさせない。車窓の眺めも素晴らしい。

Courtesy of Grand Canyon Railway

Courtesy of Grand Canyon Railway

◾️詳細:www.thetrain.com
◾️問い合わせ:1-800-THE-TRAIN (843-8724)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る