「スタンピング平和展 in New York」開催

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロを契機に、「破壊ではなく創造を・憎悪ではなく愛を」を旗印として、東京在住のアーティスト・松本れい子さんがアートを通した平和活動を始めた。その表現方法として、人それぞれが思い願う「平和・親子・いのち」のあり方を5cm × 5cmの小さなゴム版に刻むイベントを行い、ミニ版画を集めた「スタンピング平和展」を日本各所で開催。

現在4000枚近いスタンプが集まったことから、この活動のきっかけとなったニューヨークでの開催を企画。ニューヨークのアッパーウエストにあるコミュニティーセンター「Goddard Riverside Bernie Wohl Center」からオファーがあり、9月14〜16日の3日間でワークショップを開催することが決定した。

こどもから大人まで自由に参加できる、「平和・親子・いのち」への願いを各々にゴム版に彫るワークショップを開催するほか、これまでの4000枚のスタンプも展示される。また、週末の夕方には誰でも参加できるダンスとコンサートの平和の祭典を予定。開催期間中、これまでのスタンプをデザインしたTシャツ(30ドル)とトートバッグ(10ドル)の販売もある。

スタンピング平和展 in New York
■開催日時:9月14日(金)11:00am-3:00pm、15日(土)1:00pm-5:00pm、16日(日)1:00pm-5:00pm
※特別イベント 9月15日& 16日5:00 pm-5:45pm コミュニティダンス、6:00 pm-7:00pm コンサート
■開催場所:Goddard Riverside Bernie Wohl Center(593 Columbus Avenue, New York NY 10024 [88 & 89st Street on Columbus Avenue])
■ 参加費無料 & 予約不要

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-9-1

    第7回 「製粉の街と医療の街」 ミネソタ州

    店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  2. 2017-3-1

    現地取材 レポート 今、全米が注目! テキサス最新事情

    ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...
  3. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  4. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  5. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る