シンガーソングライター大和田慧、2年ぶりのNYライブ

2019年10月6日、シンガーソングライターの大和田慧さんが、2年ぶりとなるニューヨークライブを開催する。

今回は、5年前にニューヨークでレコーディングした時のメンバーと再演。ベースを徳永賢二さん、キーボードをアンドレ・チェズ・ルイスさん、ドラムをアレックス・ドュラントさんが担当する。

なお、今年発売されたニューアルバムからの新曲も織り交ぜ歌う予定だ。

大和田慧
東京出身、シンガーソングライター。2012年より活動。国内外でセッションを重ね、セルフプロデュースによる1st EP「5 pices+1」がじわじわと支持されていく。定期的に渡米し、2014年NYの殿堂アポロシアター・アマチュアナイトに自作曲で出演、TOP DOG(準決勝)まで進出。同年、全NYレコーディングの2ndEP「A Part Of Me EP」を発売。2016年、渾身のフルアルバム「touching souls」を発表。瞬時に空気を捉える声はやさしく、時に力強く言葉を響かせる。キャロル・キングやソウルミュージックに影響を受けた作曲センス、深いまなざしをもつ歌詞で、静かにその世界へ惹き込んでいく。

公式ウェブサイト:https://www.keiowada.com
Facebook:https://www.facebook.com/KeiOwada
Twitter:https://twitter.com/keiowada
Instagram:https://www.instagram.com/keiowadasinger

大和田慧ライブ・イン・ニューヨーク
■開催日時:2019年10月6日(日)6:00pm開演
■会場:ロックウッド・ミュージック・ホール、ステージ1(196 Allen St, New York NY 10002)
■入場料:無料 ※21歳以上、身分証明書要
■問い合わせ:212-477-4155

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  2. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  3. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  4. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  5. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  6. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  7. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  8. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
  9. モンタナ州の北部に位置するグレイシャー国立公園と、カナダのアルバータ州南部に位置するウォータ...
  10. 東京オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に、各国がそれぞれの文化...
ページ上部へ戻る