中西部初の日本映画祭「シカゴ日本映画コレクティブ」オンライン開催決定

米国中西部で初の日本映画祭「シカゴ日本映画コレクティブ(Chicago Japan Film Collective = CJFC)」が誕生する。5月25〜31日の7日間にわたって開催される記念すべき第1回では、国際プレミア2作品を含む9作品が上映される。

本映画祭のラインアップは、7年ぶりの林海象監督作、永瀬正敏主演の『BOLT』、アイドル兼社長の音楽アーティストが繰り広げるジャンル不明の『眉村ちあきのすべて(仮)』、全編白黒のサイバー・スリラー『VIDEOPHOBIA』、日本と台湾で撮影が行われた『燕 Yan(つばめ、イエン)』、心の病を持つ若者たちが困難を乗り越えていく成長過程を描くドラマ『もみの家』、近代漫画の父と呼ばれる北沢楽天の半生を描く『漫画誕生』、カリスマ雑誌編集長末井昭の自伝的映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』、原発事故から避難地区となった富岡町で避難できない動物たちと共生する『ナオト、いまもひとりっきり』、2年の歳月を費やした、知られざる受刑者たちの素顔に迫る『プリズン・サークル』の全9作品。

シカゴ日本映画コレクティブはシカゴに拠点を置き、米国で上映が難しい日本インディペンデント映画の紹介および、日本映画の米国マーケット拡大を目的としている。1年目はパンデミックによりオンライン開催となるが、次年度からは会場とオンラインのハイブリッド開催を予定している。

シカゴ日本映画コレクティブ
Chicago Japan Film Collective

■開催期間:2021年5月25日(火)〜31日(月)23:59 (CST)
■開催場所:オンライン(全米)
■映画祭プラットフォーム:EVENTIVE
■登録料:
EARLY BIRD – All Access $13ドル、1作品のみ $8(5月15日まで)
REGULAR – All Access $15、1作品のみ $10(5月16日以降)
■公式ウェブサイト:https://www.cjfc.us

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る