日本での介護・相続・不動産関連の総合サポートサービス「サロンドハース」がスタート!

2021年2月、在米邦人に向けて、日本での介護・相続や実家の処分といった不動産関連の総合サポートを行うサービス「サロンドハース」がスタートした。同サービスは、一般社団法人Hearth(ハース)が野村不動産パートナーズ株式会社と協力体制のうえ開始したもの。アメリカ側にはNPO法人Azuna Service Centerとの連携により現地受付窓口を開設し、日本側でも各種案件に対応できるよう、その分野の専門家と連携をとる。

高齢者の急増とともに、日本でも介護は大きな課題となっている。突然の介護に慌て、どこで誰がケアをするのかといった家族内でのトラブルも増えている。自身はアメリカ在住、高齢の両親は日本在住という人にとっては特に心配も不安も大きいだろう。そんななかサロンドハースが提供するのは、将来起こりうる介護や心身の変化、できごとへの対応を各種シュミレーションし、時系列で提示しながら、いざその時に焦らず最善の選択ができるよう目指す総合的なサポートだ。

太平洋を挟んだ遠隔介護であっても、できることはたくさんある。コロナ禍でますます日本への帰国が難しくなっている在米者に向けて、今までにない新しいサービスとなるだろう。

詳細はこちら

サロンドハース・オンラインセミナーを開催

サロンドハースではサービスをいち早く活用してもらえるよう、「いまだからこそ知りたい!すぐ知りたい!日本の介護・不動産情報」をテーマに、毎月第4木曜にその道のスペシャリストを講師に迎えてオンラインセミナーを実施している。

8月開催予定
テーマ:「日本にある『民間の介護保険』のことが知りたい!」
①「日本の民間の介護保険の仕組みと役割」
   講師:工藤孝治(朝日生命保険相互会社 新規マーケット開発課長)
②介護体験談!「命とは、生きるとは」
   講師:志村季世恵(バースセラピスト、ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ代表、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」理事)

■開催日時:2021年8月26日(木)6:00pm (EST)
■申込:https://peatix.com/event/2501314/view
■問い合わせ:858-380-5899 または info@azunaservicecenter.org(NPO法人愛絆(あずな)サービスセンター)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る