アメリカで最も寂しいハイウエー、ネバダ「ポニー・エクスプレス・テリトリー」30周年

 ネバダ州を横断するハイウエー50号線。「Nevada’s Pony Express Territory」と呼ばれるこの一帯は、「The Loneliest Road in America」(アメリカで最も寂しい道)と呼ばれてきた。

nevada 1

 今年の夏は、この呼称が定着して、30周年になる。雑誌ライフ(Life Magazine)が、1986年の7月号で、そう名付けて特集した。

 ネバダ州の中央、FernleyからElyまでをつなぐ、幹線道路だ。「からっぽ」で「なんの面白みもない」と表現された。(*地元の人たちはもちろん同調していない)

nevada 3

 今日では、夏場は、アウトドアを楽しむ家族連れや、文化や歴史遺産を見ようという観光客が往来する。決して「寂しい」道ではない。

 旅行者の間では、独特の寂しさを体験しようという人気もある。この道路を走破するための「サバイバル・ガイド」もつくられているほどだ。

 あなたもこの夏、挑戦してみる?

nevada 2

◾️詳細:http://ponyexpressnevada.com/

nevada 4

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る