サンフランシスコ J-POP サミット 2017 開催

9月9日(土)、10日(日)と2日間にかけて日本ポップカルチャー見本市「J-POP サミット 2017」がサンフランシスコ開催された。

2009年夏にスタートし、日本の最新ポップカルチャーを全米・全世界へ紹介するイベントへと急成長を遂げている同フェスは今年9年目を迎え、サンフランシスコ湾を一望出来るフォート・メイソン・センターを会場として、音楽ライブやファッション、アニメ、アート、ゲーム、フード、IT・テクノロジー、トラベルなど、 日本の「今」を体験しに訪れる参加者たちで大盛況となった。

また同期間に、今年5回目となるサンフランシスコ日本映画祭が共催され、 総来場者数は約20000人以上を記録した。

今年は、「国境、人種、性別等、様々な境界線を越えた人々が一同に会し、出展者も、出演者も、参加者も、そしてスタッフも、日本文化をワクワクしながら楽しみ学ぶ「遊び場」を皆で創造する」(Create a playground of diversion and discovery inspired by the wonders of Japanese pop culture.)ことをテーマとして各種イベントが会場内で開催された。

従来型のコンベンションでは得られない、驚きと発見と遊び心に満ちた「PLAYGROUND(遊び場)」を提供することを目指し、アーティストのタカハシミツメヒロユキ氏によるメインビジュアルを中心とした会場全体空間設計 世界的に著名なデザインファームIDEOによる巨大ビーチボール•シンセサイザーのインスタレーション導入のほか、J-POPカルチャーを媒介として、日米両国の各出展者・出演者による、これまでに前例のないJ-POPサミット限定の50を超えるボーダレスなコラボレーションが生まれ、来場者を驚かせた。

例年大人気のJ-POP LIVEステージでは、日本のエンタテイメント業界を代表する豪華ゲストのラインナップが実現。 May’n、BAND-MAID、東京ゲゲゲイ、ベイビーレイズJAPAN、YANAKIKU、井上あずみ&ゆーゆ、LINQ OGが超満員の聴衆から大歓声を浴び盛況だった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る