フィットビット、腕時計型情報端末を投入

日本人にも大変人気となっている、ウェアラブル端末メーカーのフィットビットは28日、全地球測位システム(GPS)などを備えた、同社初の本格的な腕時計型情報端末(スマートウォッチ)「アイオニック」の予約受け付けを開始した。

アップルの「アップルウォッチ」などに対抗する。

アイオニックには、運動量や睡眠時間の測定に加え、GPS、独自の決済サービスなどの機能を搭載。音楽配信などさまざまなアプリケーションのダウンロードもできる。1回の充電で最長4日間駆動し、水深50メートルまでの防水機能を備えた。

米国での販売価格は299.50ドル。現在プレオーダーを受け付けており店頭販売されるのは10月の予定。日本では2018年1月に発売される。

■詳細:https://www.fitbit.com/ionic

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
  2. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  3. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  4. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  5. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  6. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  7. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  8. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
ページ上部へ戻る