フィットビット、腕時計型情報端末を投入

日本人にも大変人気となっている、ウェアラブル端末メーカーのフィットビットは28日、全地球測位システム(GPS)などを備えた、同社初の本格的な腕時計型情報端末(スマートウォッチ)「アイオニック」の予約受け付けを開始した。

アップルの「アップルウォッチ」などに対抗する。

アイオニックには、運動量や睡眠時間の測定に加え、GPS、独自の決済サービスなどの機能を搭載。音楽配信などさまざまなアプリケーションのダウンロードもできる。1回の充電で最長4日間駆動し、水深50メートルまでの防水機能を備えた。

米国での販売価格は299.50ドル。現在プレオーダーを受け付けており店頭販売されるのは10月の予定。日本では2018年1月に発売される。

■詳細:https://www.fitbit.com/ionic

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-5-4

    トピックス もしかしてノイローゼ? 7つの前兆

    集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...
  2. 2017-12-1

    労働許可書申請と同時に ソーシャルセキュリティ番号を取得

    米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  3. 2017-9-1

    Howdy Y’all !!!

    HOWDY!!! 通年を通して過ごしやすいCAと違い、こちらダラスは9月になっても秋の雰囲気...
  4. 2016-8-7

    アメリカで手に入る 食材で日本の味を

    FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...
  5. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る