ニューヨーク育英学園 一人ひとりの力を伸ばす〜笑顔で学習・個人指導〜

ニューヨーク育英学園平日アフタースクールポートワシントン校では、様々な教室を開講している。一クラス一人から五人までの少人数指導だ。

作文教室では毎週月曜日の4時になると「こんにちは!」と笑顔の子ども達が集まってくる。今日学校であったことや、道で見つけたものなど、生き生きと先生に話す姿が印象的だ。先生は一人ひとりの言葉を聞きながら、作文を書き上げる作業を指導している。「作文を書くことが苦手です」と言いながら作文教室に通い始めた子ども達が、今ではきらきらと輝く言葉で文章を綴っていく。コンクールなどに応募し掲載され、ますます、楽しく作文を書くようになった。

平日アフタースクールプログラムでは、作文教室の他に文部科学省準拠の教科書を中心に授業を行う特別国語教室や、一人ひとりが無理なく学習を進めることができる土曜日国語クラス、英検対策講座では、各問題の解き方のコツと勉強の仕方、弱点の克服方法を教えるなど、それぞれの受講者に合わせて丁寧に指導をしている。

申し込みやお問合せは下記まで。

■申し込み・問い合わせ先:
【Eメール】AfterPW.nyikuei@gmail.com【電話】516-767-3139

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...
  2. 2016-11-1

    ビールメーカー 4000社超の激戦時代 海外ブランドにも 大きなチャンス

    サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...
  3. 2017-7-1

    ロサンゼルスの元敬老ホームのその後 日本のテレビが関係者に現地取材敢行

    本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...
  4. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  5. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る