ニューヨーク育英学園、被災地支援企画
「アメリカサマー留学」でクラウドファンディング実施中

2013年の夏に初めて東北被災地の児童を2名招待して以来、ニューヨーク育英学園主催のもと毎年開催されているサマーキャンプ企画。2018年度は対象をさらに日本全国の被災地に広げ、「第6回日本全国被災地支援 招待企画 アメリカサマー留学」として継続開催することが決定した。

募集するのは「小学生プログラム」で小学5、6年生の2名、「青少年プログラム」で満18歳以上の学生または社会人2名の計4名。小学生はキャンプを通してアメリカの大自然に触れたり、アメリカに住む子どもたちと友達になったり、ホームステイを体験したりすることができる。また青少年はボランティアとしてキャンプに参加し、ネイティブスピーカーによる英語学習に参加しながらアメリカに住む子どもたちと一緒に過ごすことで、充実した研修を経験してもらう。

同学園は本企画に賛同していただける企業、団体、個人からの支援、協力を募り、今年度からクラウドファンディングでの挑戦を始めた。目標金額は25万円。これを達成することにより、今回は参加者2名の自己負担となっていた往復航空券代(半額分)を子ども2名分無料にすることが可能となる。

支援の受付は一口5000円から。リターンとして、参加者からのお礼状やニューヨークからのおみやげなどを受け取ることができる。日本からもアメリカからも参加が可能となっており、多くの支援を募っている。

アメリカサマー留学 募集要項:http://usfl.com/wp-content/uploads/2018/03/NY-summer-camp.pdf

Ready For(クラウドファンディング)
■目標金額:25万円
■締め切り:2018年3月30日(金)11:00pm ※日本時間
■詳細:https://readyfor.jp/projects/newyorkikuei
■問い合わせ:学園事務局201-947-4832 または invitation.nyikuei@gmail.com(山田)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る