象印アメリカ
コンパクトなオーブントースターを新発売

大きめのトーストを2枚同時に焼くことができ、単身世帯や少人数の家庭にぴったりなオーブントースター(ET-WMC22)が象印アメリカから新発売された。

同商品は175°F から 450°Fまで細かく温度調節が可能で、いろいろなメニューを調理することができる。さらに正面のとびらには、トースト、もち、冷凍フライドポテト、ピザやクッキーなど、オーブントースターでよく調理される食べ物に適した温度と時間のガイドラインが記載されており、調理時の目安として利用可能だ。メーカー希望小売価格は105ドル。

同商品には、象印製品の特長である使いやすさと安全性にこだわったさまざまな機能が搭載されている。ガラス製のとびら、焼き網、スライド式くず受皿は、すべて取り外しが可能なので丸洗いでき、焼き網は自動引き出し機能を採用しているので、食べものを簡単に取り出すことができる。また、上ヒーターのガードはうっかり触った場合のやけどを防ぎ、下ヒーターのガードは食べもののくずがヒーターに落ちてこげるのを防ぐ。食べものが触れる部分はすべて、BPAフリーだ。

スタイリッシュな光沢のあるブラックのボディ本体には、最大30分まで調整可能なタイマーや、調理が終わると知らせてくれるシグナル機能も搭載。また、一人用のピザがフィットする広い庫内を採用しているので、さまざまな調理シーンに利用できる。

■商品情報:https://www.zojirushi.com/app/product/etwmc_jp

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-9-1

    アメリカで話題沸騰日本発のお菓子・デザート

    この夏、全米のCostcoでも店頭に並び、アメリカ全土で親しまれている「 Hello...
  2. 2017-11-7

    第62回 STEM専攻と大学合否の決め手

     ニナが通う高校の講堂で、「STEMと大学進学」をテーマにした保護者向けの講演会が開催された。STE...
  3. 2013-10-5

    シリーズ世界へ! YOLO⑭ Pura Vida! コスタリカ 前編

      Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  4. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  5. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る