原作者の木城ゆきと氏を招いて 〜「銃夢」の実写版「ALITA / Battle Angel」試写会開催

北米は2月14日から、日本では2月22日から上映される「ALITA/Battle Angel」の試写会が2月4日AMCセンチュリーシティで行われた。

試写会後に本作品の原作「銃夢」の作者である漫画家の木城ゆきと氏のQ&A形式による対談を行った。

木城ゆきと氏は少年時代にみたスターウォーズを見て映画製作を夢見たこともあったので、自分の作品が映画化され夢が実現したように感じたそう。また木城氏と同世代である「タイタニック、「アバター」の監督で有名なジェームス・キャメロンが脚本、「シン・シティ」などが代表作のロバート・ロドリゲス監督により製作されとても話題となっている。両氏は木城氏に当初より作品に共感してくれ、製作過程ではお互いシナジーも感じられるくらいだったと述べた。

「銃夢」で若い女の子を主人公にしたきっかけについて木城氏は、「銃夢」までの作品は男性が主人公の作品を多く作っていたが、登場する女性の描写を当時の担当編集者に褒められ、女性が主人公の作品を書いてみないかと言われたことがきっかけで「銃夢」のガリイが生まれたとのことだった。

原作の「銃夢」は1992年には北米版が出版され、当時とても人気のあった「うる星やつら」と順位を争うほどに人気のあった日本アニメ。

「銃夢」は記憶を失った全身サイボーグの少女アリタ(ローサ・サラザール主演)が主人公。スクラップの山に捨てられていたサイボーグの少女アリタが、クリストフ・ヴァルツ演じる科学者イドに助けられ新しい体を手に入れる。ある日、アリタは暴漢から襲われた時に自分にとてつもない戦闘能力があることに気づき、2つに分断された天空に浮かぶ都市「ザレム」と荒廃した地上の都市「アイアンシティ」の2つの世界に立ち向かい大切な人を守るためにモーターボール(格闘球技会)に挑む。

2月14日から北米公開、日本では2月22日公開予定。

■オフィシャルサイト:https://www.foxmovies.com/movies/alita-battle-angel

©Courtesy Twentieth Century Fox.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る