当局に1200万人分の情報提出 〜 ウーバー、透明性報告書で公表

 携帯アプリを使ったタクシー配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies、カリフォルニア州)は、国内の規制・警察当局からの要請を受けて開示した情報に関する初めての詳細な報告書を発表した。

 ロイター通信によると、同社は2015年7〜12月、連邦の規制機関に1200万人以上の乗客とドライバーの情報を、法執行機関に469人の利用者に関する情報を開示したという。開示を求められたのは、配車の依頼、客の乗車および降車場所、料金、車両、ドライバーに関する情報。

 法執行機関からの要請件数は415件で、その大半は州政府の機関。情報提供が可能だった割合は約85%だった。法執行機関からの要請は、詐欺事件の捜査や盗まれたクレジットカード使用に関する情報が多かった。

 外国諜報活動偵察法(FISA)に基づく国家安全保障関連の書簡や命令は受けていないといい、外国からの情報提供要請については開示していない。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る