40歳未満は自動運転車を信頼 〜 JDパワー調査

 40歳未満の消費者は年長世代と比べて自動運転車とその基幹システムへの抵抗が少ないことが、JDパワー&アソシエイツの調査「Tech Choice」で分かった。

 ロイター通信によると、国内の自動車所有者8000人を対象に行われた調査では、Y世代(1977〜94年生まれ)の56%が自動運転技術を信用すると答え、X世代(65〜76年)の41%、ベビーブーマー(46〜64年)の23%を上回った。特にY世代の3分の1は、自動運転システムに3000ドル以上を余分に出してもいいと考えている。

 調査結果は、ゼネラル・モーターズ(GM)やデルファイ・オートモーティブ、グーグルなど、自動運転車開発に力を入れる企業にとって期待が持てる内容となった。

 一方で、すべての回答者がハッキングやハイジャックなど車両の安全性に懸念を持っていた。価格に対する不満も明確に示され、自動運転技術の人気10位以内に入った車線変更補助機能の場合、1500ドルかかると分かった途端にトップ10圏外に消えた。見積もり価格を含めて最も人気が高かったのは、カメラを使った後方確認機能(300ドル)、スマート駐車機能(100ドル)、交通予測機能(150ドル)だった。

 若年購買層の場合、車線変更補助や交通渋滞回避などの運転支援機能のほか、ウーバー(Uber)やリフト(Lyft)といったインターネットを介して好きな時に使える配車サービスに対しても、比較的寛容な姿勢を見せた。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る