月内にテキサスで子会社 JR東海、高速鉄道を支援

 JR東海は16日、南部テキサス州で現地の高速鉄道事業を技術支援する子会社を、月内に設立すると発表した。早ければ8月中に技術者約20人を派遣し、駐在させる。人材教育や電気、信号などの分野で協力し、新幹線技術の輸出の加速につなげる考えだ。

 子会社はテキサス州の主要都市ダラスに設立。資本金は150万ドル(約1億6000万円)で、JR東海が全額出資する。名古屋市内で記者会見した柘植康英社長は「できる限りの支援をしてプロジェクトを大きく後押ししたい」と強調した。

 高速鉄道事業は米企業「テキサス・セントラル・パートナーズ」が進めており、2021年の開業を目指している。東海道新幹線に使われているN700系をベースとした車両を運行。テキサス州のダラス-ヒューストン(約385キロ)を片道1時間半で結ぶ。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-9-3

    第56回 日本のナチュラルワイン人気について

    日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  2. 2020-3-30

    変わりゆく都市の新しいカタチ 2020年、東京は今

    東京オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に、各国がそれぞれの文化...
  3. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...
  4. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...
  5. 2016-9-5

    子役の演技にぶっ飛ぶ 「Pete’s Dragon」 (8月12日公開)

    1977年にディズニーが製作した実写とアニメの同名合成映画のリメイクとなる本作は、ドラゴンと...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る