賛否拮抗、高まる不安 世界経済に打撃も

 欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う英国民投票が約1カ月後に迫り、世界5位の経済大国が不確実性に覆われている。賛否は拮抗しており、離脱が決まれば欧州や日本を含む世界経済に打撃を与えかねないと不安が高まっている。

 ▽後回し
 「なぜ世界最大の貿易圏の影響力を無駄にしたいのか」。英国で事業を拡大する日立製作所の中西宏明会長は11日付の英紙フィナンシャル・タイムズに寄稿し、EU残留を強く訴えた。

 6月23日の投票で離脱が決まった場合、最も影響を受けそうなのが貿易面だ。離脱派はEUと自由貿易協定(FTA)などを結べば、大きな打撃はないと主張する。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. Nitori

    2019-2-14

    Nitori USA, Inc.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州オンタリオにオフィスを構えるNitori USA, Inc.のCEO Shuni...
  2. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  3. 2019-9-30

    押さえておきたい バイリンガル教育のカギ

    幼児期の日本語教育は 人格形成の大事なステージ 幼児期は、どのように過ごすか...
  4. 2016-6-30

    シリーズアメリカ再発見㊷ 夏も砂漠で遊べ! パームスプリングス

     南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  5. 2017-9-1

    Howdy Y’all !!!

    HOWDY!!! 通年を通して過ごしやすいCAと違い、こちらダラスは9月になっても秋の雰囲気...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る