米、ドローン規制緩和 航空免許なしで操縦可能

 米連邦航空局(FAA)と米運輸省は21日、小型無人機(ドローン)のビジネス利用に関する規則を決定した。航空免許や個別の飛行許可が要らなくなる内容で、規制を緩和する。ドローンの幅広い活用が可能になりそうだ。

 操縦者は16歳以上で、航空免許を取得していなくても免許保持者の監督などがあれば操縦できる。飛行時間は日中の時間帯で、積み荷を含む重さは約25キロまで。8月から適用する。

 ただ飛行は目視できる範囲に限る。ドローンによる宅配計画を進めるアマゾン・コムは、さらに幅広い範囲の飛行を認めるよう求めていた。空港や一般市民の上を飛ぶことも禁じた。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-5-1

    お悩み解決! 健康食品・サプリ・日用品

    疲労回復 サトウ製薬 ユンケル 疲れを感じた時にググッと飲み干す日本ではお...
  2. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい 日本国...
  3. 2017-2-2

    第22回 「ちょっと足を伸ばせば」

    頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  4. Nitori

    2019-2-14

    Nitori USA, Inc.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州オンタリオにオフィスを構えるNitori USA, Inc.のCEO Shuni...
  5. 2020-4-5

    第73回 明日の家

    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る