木星を「征服した」 歓喜のNASAチーム

 無人探査機「ジュノー」の木星軌道投入に成功した米航空宇宙局(NASA)のチームが5日、記者会見し、主任研究者のボルトン氏が「木星を征服したぞ」と腕を突き上げて歓喜した。会場は歓声と拍手に包まれた。

 ジュノーは過去のどの探査機よりも木星に近づいて観測する。強力な放射線や周回するちりで探査機が損傷する危険もあり、軌道投入は至難の業だった。チームは「木星の近くに長時間いるのは危険だ」と指摘。約1年半の観測では、いったん近づいた後は遠くに離れる大きな楕円軌道を飛行する。

 最初の4カ月は準備期間で、木星をゆっくり2周。NASAは「観測機器を完全に展開して最初に木星を見ることができるのは今から53日後だ」と説明する。その後は2週間で木星を1周する所定の楕円軌道に入る予定だ。(共同)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  2. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  3. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  4. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  5. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  6. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  7. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  8. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
ページ上部へ戻る