米長官、中比の対話支持 仲裁判断が前提

 ケリー米国務長官は26日、ラオスの首都ビエンチャンで記者会見し、南シナ海で領有権を争うフィリピンと中国が仲裁裁判所の判断を踏まえて対話することを支持する考えを示した。ケリー氏は同日中にフィリピンを訪れ、27日にドゥテルテ大統領との会談でこうした考えを伝える。

 米政府当局者はこれまでも仲裁判断を前提にするなら対話を支持する考えを表明している。ただ、中国の主張を全面的に退けた仲裁判断を前提に中国が対話に応じる可能性は低いとみられる。

 仲裁判断についてケリー氏は「法的拘束力がある」と改めて強調し、中国が仲裁判断を拒否していることが「外交と法による解決に向けた課題だ」と述べた。また、領有権を争う全当事者は「挑発的な行動を取ったり緊張を高めたりすべきではない」と述べ、人工島造成や軍事施設の建設を続ける中国をけん制した。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2014-7-20

    日本へ一時帰国スペシャル 案外成田が面白い!

     成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  2. 2018-3-6

    最終回 闘う

     犬と人間の快適な生活のためにと7年5カ月休まず書き続けてきたこの「ドギーパラダイス!」も、...
  3. 2017-2-5

    第147回 Personal Articles 保険について

     ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  4. 2016-10-8

    第143回 旅行保険について

     旅行の際に大変役に立つ保険を紹介します。Travel Insurance, Trip In...
  5. 2019-1-4

    Shinano Kenshi Corporationアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州カルバーシティのオフィスを構えるShinano Kenshi Corporati...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る