米と確執、修復困難 イラン問題でイスラエル

 【共同】イラン核問題をめぐり、早期の攻撃を示唆するイスラエルのネタニヤフ首相が、自制を促すオバマ米大統領にいらだちを強めている。ネタニヤフ氏は米国に、イランがどこまで核開発を進めれば武力行使するかの基準を示すよう求めたが、米側は拒否。確執を深めた両国関係は修復困難な状態だ。

 「共犯にはなりたくない」。米軍のデンプシー統合参謀本部議長は8月末、イスラエルが早期のイラン攻撃に踏み切っても国際社会の理解が得られないため、米軍としては協力したくないとの意向を示した。11月の米大統領選前も視野に入れたイラン攻撃を示唆していたイスラエル側を慌てさせた。

 ネタニヤフ氏は今月2日、米国にイランが核開発で「越えてはならない一線」を示し、イラン攻撃のタイミングを明示するよう要求。同時に、言質を具体的に得られれば、イスラエルは早期の攻撃に踏み切らないとのシグナルを送った。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る