掃討継続とマレーシア首相 総選挙先送りの見方も

 【共同】フィリピンの武装集団ら約200人がマレーシア・ボルネオ島に上陸し村に立てこもった事件で、マレーシアのナジブ首相が7日、現場のサバ州ラハダトゥで記者会見し、5日開始した掃討作戦は「武装集団が降伏するまで続ける」と述べた。武装集団と関係が深いとされるフィリピン在住の男性が7日呼び掛けた停戦提案も拒否した。

 ナジブ氏は月内に下院を解散し、4月に総選挙が行われるとみられていたが、先送りするとの見方も出ている。

 武装集団は、周辺でかつて栄えたイスラム教国、スルー王国の末裔を名乗り2月中旬に島に侵入。マレーシア当局の最新の発表では、3月1日以降の交戦で武装集団のうち少なくとも52人が死亡、治安部隊も8人が死亡した。国連の潘基文事務総長は6日、双方に暴力停止を呼び掛けた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
  2. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  3. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  4. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  5. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  6. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  7. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  8. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
ページ上部へ戻る