物流大手もロシア向けサービス停止

ロシアのウクライナ侵攻を受けて船会社や航空会社の規制が強化された影響で、世界の貨物輸送大手がロシア向けのサービスを停止している。

ウォールストリート・ジャーナルによると、スイスのキューネ・アンド・ナーゲルとドイツのDBシェンカーは顧客に向けて、陸路、海路、空路によるロシア発着の貨物輸送を停止することを通知した。デンマークのDSVとフランスのジオディスは、ロシアの同盟国であるベラルーシへの物流も停止していると述べた。

国際貨物輸送のデジタルプラットフォームを運営するフレイトス(Freightos、本社・香港)によると、一部の航空貨物輸送会社は、上昇する運営コストを補うためすでに戦争リスクのサーチャージを導入している。海上貨物輸送も、他港への荷物振り分けによって「すでに欧州その他の地域の出発港で貨物が山積みになっており、混乱を引き起こし、運賃を上昇させる可能性がある」という。

ドイツポスト傘下のDHLは、すでにロシア向け貨物の取り扱いを停止している。

調査会社アームストロング&アソシエイツによると、DHL、キューネ・アンド・ナーゲル、DBシェンカー、DSVは売上高で世界の4大貨物輸送業者であり、ジオディスは9位。

コンテナ船会社のAPモラー・マースク、メディテラニアン・シッピング・カンパニー(MSC)、CMAも食料品、医療品、人道支援を除いてロシア発着の貨物サービスを停止している。

ジオディスは、アジア~欧州間の鉄道貨物輸送の予約も停止している。この陸路サービスは過去2年間、荷主や貨物輸送業者が新型コロナウイルス禍による港の混雑の回避手段として人気が高まっていた。同社は、ロシア領空の通過を避けたい航空会社のサービス低下を補うため、中国~欧州間の運航で747貨物機のチャーター便を増やしている。

フレイトスによると、毎週コンテナ約1万個分の貨物がアジアから欧州へ鉄道輸送されている。同社は「制裁や混乱への懸念によって相当数のコンテナが鉄道から海上輸送に移行した場合、すでに不足している許容量を多くの荷主が競うことになり、アジア~欧州間の運賃に上昇圧力がかかるだろう」と話している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る