インフルエンサーとブランドをつなぐプラットフォームで台頭 〜 ショップマイ、1850万ドルを調達

デジタル販促プラットフォームを提供する新興企業ショップマイ(ShopMy)は、インフルエンサーたちとブランドらを結ぶプラットフォームによってデジタル販促成約機会を拡充している。

テッククランチ誌によると、コンテント創造者たちを対象とする同プラットフォームは、インフルエンサーらがブランドと連携してコンテントを金銭化することを支援する。

ショップマイは、現時点で4万人のコンテント創造者をネットワーク化している。そのなかには、ティックトックやインスタグラムで1000万人以上のフォロワーを有するアリックス・アール氏といった有力インフルエンサーらが含まれる。

ショップマイのプラットフォームは、デジタル店舗の構築や、数百万という製品カタログの閲覧、コミッション収入につながるリンクの生成、また、モバイル・アプリケーションを介してブランドらと直接話す機能を提供する。

同プラットフォームを通じてコンテント創造者らが計上したコミッション収入は「数千万ドル」と同社は説明している。

ブランドにとっては、インフルエンサーを見つけるための場所として機能するだけでなく、プラットフォーム上で販促キャンペーンを構築して導入できるという利点がある。ショップマイのインフルエンサー・ネットワークには、ナイキやシャネルを含む1000社以上が参加している。

ソーシャル・コマースの成長にともなって同社のプラットフォームも拡大しており、ベンチャー・キャピタル投資業界も同社の急成長に期待を寄せている。ショップマイはそういった動向を背景に、資金調達ラウンドで1850万ドルを確保したことを3月14日に発表した。

2020年に同社を共同設立したハリー・レインCEOは元オラクルのソフトウェア開発者で、マサチューセッツ工科大学(MIT)在学中に起業した経験がある。

「インフルエンサーらは、製品を推薦して効果的に収入を上げるのに苦心していた。フォロワーたちは、簡単に購入する術を持っていなかった。その架け橋になることを目指した」とレイン氏は起業動機について話している。

ショップマイの直接的競合社には、LTKやグリン(GRIN)がある。同社は、ティックトックやユーチューブ、インスタグラムで言及されている投稿すべてをブランドらが見られるようにした機能設計に同プラットフォームの強みがある、と説明した。今後は、ピンタレストを含むほかのソーシャル・メディアとの統合を模索する考えだ。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る