IBMとボックス、ソリューションを追加統合 〜 法人向けに販促も共同で強化

 クラウド基盤の書類共有サービス大手ボックス(Box)は、IBMとの戦略提携を拡大し、共同ソリューション群の拡充と販売に注力している。

 データ・センター・ノーレッジ誌によると、IBMとボックスは先日、ボックスのオンライン協業プラットフォームをIBMの分析機能やコンテント管理、法人向けソーシャル・ソリューション群、そしてセキュリティー技術と統合し、共同ソリューション群の販売をさらに強化することで合意した。

 IBMでは、傘下のクラウド・サービス大手ソフトレイヤー(SoftLayer)のサービスを普及させることで、アマゾンやマイクロソフトのクラウド・サービスを追いかけており、ボックスとの提携によって存在感をさらに高めようと狙っている。

 ボックスとの提携拡大によって追加されたIBMのサービスには、IBMケイス・マネージャー(Case Manager)やIBMデータキャップ(Datacap)が含まれる。

 前者は、ボックス・プラットフォーム上にあるコンテントを外部の利用者も共有できるようにし、後者は、複数の場所からたくさんの書類を集約することを簡便化し重要な情報やデータを抽出してボックスにクラウド保存できるようにするもの。

 追加されたそれらの二つの機能は、ボックス・プラットフォームとすでに統合されているIBMコンテント・ナヴィゲイター(Content Navigator)やIBMストアードIQ(StoredIQ)の機能を補完するものだ。

 その結果、ボックスを利用する顧客企業らは、現場実装型システムとボックス環境の両方にわたって、書類へのアクセスや書類の検索、コンテントの共有といった既存サービスにIBMのそれらの高機能を使えるようになる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. ●施行から1年間、CCPAは、対象事業者により従業員について収集された情報またはBtoB...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  9. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  10. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
ページ上部へ戻る