予測ソリューションの重要性が拡大 〜 データ活用で分散型エネルギーを統合

 分散型エネルギー源(DER=distributed energy resource)の利用が拡大し、送電網への統合が進むにつれ、それらのデータを活用した予測機能が重要性を増している。

 グリーンテック・メディア(GTM)は、報告書「Predictive Analytics for Utility Load and DER Forecasting 2016(公益負荷および分散型エネルギー源予想のための予測分析)」を発表し、DERデータにもとづく電力需要予測が重要になるという結論を示した。

 同調査報告書は、配電と電力小売を手がける公益会社によって採用されている負荷予測ソリューションを詳しく調査した内容だ。

 負荷予測はこれまで、限定的な過去の実績統計にもとづいて行われてきたが、分散型エネルギーの普及によってさらなるデータ収集の必要性が生じている。変圧所やフィーダー、顧客といったさまざまのレベルで予測するためだ。

 必要とされるリアルタイムまたはほぼリアルタイムのデータは、スマート・メーターや送電網検知器、そのほかの装置から提供されるようになっている。公益会社はそれらを活用して、短期的かつ詳細の予測を立てることができる。

 「配電を手がける公益会社では、分散型エネルギーの普及を受けて、送電網末端のアプリケーションに対するニーズが高まっている」と、報告書の執筆者でGTMリサーチの業界専門家アアクリティ・グプタ氏は話す。

 「送電網管理や配電自動化に投資すれば、送電網の可視性が高まり、再生可能エネルギーの統合に役立つ。しかし、その投資の価値を最大限に引き出すには、さらなるデータと分析が必要だ」と同氏は指摘する。

 公益会社は今後、需要電力料金の管理、盗難探知、負荷分散といった目的でも、データにもとづく予測機能を求めていく可能性が高い。

 「分散型エネルギー源が普及するにつれ、予測ソリューションの重要性は高まるだろう。システムの信頼性、資源の配分、顧客維持を管理しながら、送電網と財務の両方に分散型エネルギーを統合させていくうえで、それらのソリューションが重要な役割を果たす」とグプタ氏は指摘する。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  2. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  3. 2017-3-1

    現地取材 レポート 今、全米が注目! テキサス最新事情

    ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...
  4. 2018-1-2

    TOPIC 今年こそスリムダウン 過食を阻止する6カ条

    2018年、今年こそダイエットを成功させたいと願う読者のために、「過食しないための秘訣」をお届け...
  5. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る