外部要因を加味した売り上げ予測の重要性 〜 気象分析で需要を予想して増収

 企業は気象状況が事業に与える影響を理解し、売り上げや需要変動をより正確に予測する必要がある。

 マニュファクチャリング・ビジネス・テクノロジー誌によると、気象状況といった外部要因が事業に与える影響は大きく、ハーバード・ビジネス・レヴュー誌は、企業業績の85%が外部要因の影響を受けているという調査結果を示している。

 調査会社ガートナーによると、そういった外部要因を特定した製造業者の場合、そうでない業者よりも株主の資本利益率が平均で5%以上高い。在庫ならびに運転資本管理を最適化し、予測精度をわずか1%改善するだけで、平均的製造業者は数百万ドルの業績改善効果を期待できるという。

 販売および需要予測の改善は、社内業務の効率化と、時間や経費節約につながり、天候は需要だけでなく、部品や材料調達にも大きな影響をもたらす。

 出荷や製造面への天候の影響を理解し、たとえば降雪のために道路が閉鎖された場合には、さまざまの状況を想定して供給網対策を講じておけば、出荷遅れや工場閉鎖といった事態を避けることも可能になる。

 さらに、天候に関する外部要因を業務予測に統合することで、企業は市場動向に関する潜在的脅威を判断し、リスク管理に役立てることができる。

 たとえば、建築用製品と被覆材製造業者の場合、建築現場の作業遅れは製品売り上げに直接影響する。現場の遅れをより正確に予測し、また、遅れによる影響を正確に理解できれば、変動する製品需要に、より柔軟に対応することが可能になる。

 KPMGインターナショナルとエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(Economist Intelligence Unit)によると、ほとんどの上場企業の四半期予測には13%のずれがあり、金額にすると年間2000億ドルの売り上げ損失が生じている。

 そういった予測精度の低さは、企業が不完全な情報をもとに売り上げと需要予測を作成し、供給網と製造を管理しているからにほかならない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. ●施行から1年間、CCPAは、対象事業者により従業員について収集された情報またはBtoB...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  9. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  10. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
ページ上部へ戻る