【レポート】
福島県知事による震災復興セミナー

セミナー前に挨拶に立ち、福島県のことが大きく取り上げられた新聞を紹介する千葉明総領事

10月18日、在ロサンゼルス日本国総領事公邸で、福島県の内堀雅雄知事による復興セミナーと県産品PRレセプションが行われた。知事によるセミナーのダイジェストをお届けする。

内堀知事は除染や避難民用の住宅に関する質問にも丁寧に返答

福島県は震災後、世界中からの支援をいただいた。心からの感謝を申し上げる。福島県は東京から新幹線で80分、美しい自然の宝庫である。歴史的な建築物も多く、質の高い食材の産地でもある。

しかし、2011年3月11日、地震とそれに続く津波により、福島の状況は変わった。原子力発電所の事故が起こった。

ここでは現在の福島県の状況について「光の側面」と「闇の側面」とに分けて解説していく。まずは「光の側面」から。福島第一原発周辺の避難区域は現在3%にまで減少している。影響を受けた農作物には、放射能測定の厳しい基準を課して、現在は地震前と同程度の数値まで戻すことに成功した。人気の温泉を数多く擁す観光地も活気を取り戻しつつある。福島の酒は品評会で8年連続の金賞を受賞するほど評価が高い。また、国外に輸出していた米、果物の輸出量が震災後に0になったが、現在は酒も含め、それらのプロダクトの輸出量増に努めている。

次に「闇の側面」。現在でも県外に5万人以上が避難している。農作物は今でも風評被害にさらされている。観光客は震災前の82%まで数字を戻したが、まだ完全回復ではない。

これらの問題に取り組んでいくためのキーワードは「チャレンジ」しかない。エネルギー問題に関しては、原発の代わりとなる再生可能エネルギーの事業を県内で推進しようとしている。再生可能エネルギーとなる水素の生産施設も浪江町に建設されることが決まった。ロボット産業の誘致も行っている。

今回の渡米の目的は3つある。福島県の情報を伝えるためのセミナーの開催。アメリカ人に対して福島の酒、米が安全だということをプロモートすること。そして、福島県猪苗代出身の野口英世博士の墓の訪問。彼の墓がニューヨークにある。野口博士の次の言葉に深く共鳴する。

“We have two things we can change. One is ourselves and the other is our future(私たちは2つのことを変えられる。ひとつは私たち自身、もうひとつは私たちの将来だ)”

左:福島県民に勇気を与える野口博士の言葉   右:福島の酒で乾杯

セミナー後には酒や和牛をはじめ各種県産品のPRが行われた

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-12-5

    第20回 「ロゴはポートランドで起業」

    2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...
  2. 2017-10-1

    グループ全体のビジネスコンテンツを 日系企業のグローバリゼーションの共通インフラに

    人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...
  3. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  4. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  5. 2017-7-2

    アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る