金持ちも普通のトラック好む〜車の「コモディティ化」が進行

 富裕層はフェラーリやポルシェといった高級車を乗り回している印象が強いが、年収20万ドル以上の高額所得者の間で最も人気の高かった2016年モデルはフォードのピックアップ・トラック「F-150」だったことが市場調査マリッツCXの調べで分かった。2位以下もジープ「グランド・チェロキー」、ホンダ「パイロット」、ジープ「ラングラー」、ホンダ「シビック」と庶民的なモデルが続いた。
 
 USAトゥデイによると、年収40万ドル以上になると1位がレクサス「RX350」、2位がテスラの「モデルS」と高級ブランドが顔を見せるが、3位はやはりホンダ「シビック」。年収50万ドル超の所得者では再びF-150がトップで、2位以下はランドローバーの2モデル、BMW「X5」、レクサス・RX350が続いた。
 
 富裕層の間で大衆車の人気が高まった要因としては3つ考えられる。まず、大衆車も高級車と同じ機能が多く提供されるようになったこと。2つ目は、多くのモデルでバージョンの幅が広がり機能面、価格面ともに従来の高級車の領域に達していること。
 
 3つ目は、車を通勤手段としてしか見ないシリコンバレーのソフトウェア開発者や、石油産業の復興で財をなし質の高いトラックを必要とする油田労働者など昔の富裕層とは違った車の使い方をするようになったことが挙げられる。
 
 超富裕層向け雑誌ロブ・レポートの自動車担当編集者は「中には仕事が忙しくて高級車のことまで考える暇がないという人もいて、彼らにとって車は家電と同様になっている」と指摘している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-9-3

    シリーズアメリカ再発見㊻ Healdsburg  花と紅葉のソノマ紀行

     ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  2. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  3. 2017-2-5

    第147回 Personal Articles 保険について

     ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  4. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  5. 2017-2-1

    日本の食 自然志向最前線

    加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る