米国向け砂糖輸出許可取り消し〜メキシコ、交渉相手の不在で

 砂糖の出荷ペースをめぐる米国との対立から、メキシコ政府は米国向け砂糖の輸出許可を取り消した。
 
 ロイター通信によると、メキシコの砂糖評議会は業者にあてた書簡で、メキシコと交渉できる米当局者がいないため「法を重視する立場」からこのように決定したと説明しており、米商務省の担当者がまだ決まっていないことを理由の1つに挙げた。
 
 メキシコは現在、原料のサトウキビ収穫の繁忙期で、工場はフル稼働しており、取り消された許可は4月に再発行される。
 
 米国にとってメキシコは最大の砂糖供給国だが、両国の間では何年も前から貿易紛争が続いており、米国の製糖業者は価格問題や供給のひっ迫に直面している。メキシコの米国向け砂糖輸出枠は2014年の貿易協定に基づいて毎年改定されており、16〜17年期は82万トンとなっているが、米業界は16年末、商務省に「再交渉できなければ14年の合意を撤回すべき」と迫った。
 
 トランプ新大統領も北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を優先課題に掲げ、両国間の対立を深めている。米国の新政権ではまだ多くの人事が未定であることも、貿易交渉をいっそう難しくしている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-12-5

    第20回 「ロゴはポートランドで起業」

    2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...
  2. 2017-2-1

    日本の食 自然志向最前線

    加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...
  3. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  4. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  5. 2017-3-1

    第46回 黙って読む教科書

     数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくなるのを見...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る