米国向け砂糖輸出許可取り消し〜メキシコ、交渉相手の不在で

 砂糖の出荷ペースをめぐる米国との対立から、メキシコ政府は米国向け砂糖の輸出許可を取り消した。
 
 ロイター通信によると、メキシコの砂糖評議会は業者にあてた書簡で、メキシコと交渉できる米当局者がいないため「法を重視する立場」からこのように決定したと説明しており、米商務省の担当者がまだ決まっていないことを理由の1つに挙げた。
 
 メキシコは現在、原料のサトウキビ収穫の繁忙期で、工場はフル稼働しており、取り消された許可は4月に再発行される。
 
 米国にとってメキシコは最大の砂糖供給国だが、両国の間では何年も前から貿易紛争が続いており、米国の製糖業者は価格問題や供給のひっ迫に直面している。メキシコの米国向け砂糖輸出枠は2014年の貿易協定に基づいて毎年改定されており、16〜17年期は82万トンとなっているが、米業界は16年末、商務省に「再交渉できなければ14年の合意を撤回すべき」と迫った。
 
 トランプ新大統領も北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を優先課題に掲げ、両国間の対立を深めている。米国の新政権ではまだ多くの人事が未定であることも、貿易交渉をいっそう難しくしている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-2-2

    第22回 「ちょっと足を伸ばせば」

    頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  2. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  3. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  4. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  5. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る