米国向け砂糖輸出許可取り消し〜メキシコ、交渉相手の不在で

 砂糖の出荷ペースをめぐる米国との対立から、メキシコ政府は米国向け砂糖の輸出許可を取り消した。
 
 ロイター通信によると、メキシコの砂糖評議会は業者にあてた書簡で、メキシコと交渉できる米当局者がいないため「法を重視する立場」からこのように決定したと説明しており、米商務省の担当者がまだ決まっていないことを理由の1つに挙げた。
 
 メキシコは現在、原料のサトウキビ収穫の繁忙期で、工場はフル稼働しており、取り消された許可は4月に再発行される。
 
 米国にとってメキシコは最大の砂糖供給国だが、両国の間では何年も前から貿易紛争が続いており、米国の製糖業者は価格問題や供給のひっ迫に直面している。メキシコの米国向け砂糖輸出枠は2014年の貿易協定に基づいて毎年改定されており、16〜17年期は82万トンとなっているが、米業界は16年末、商務省に「再交渉できなければ14年の合意を撤回すべき」と迫った。
 
 トランプ新大統領も北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を優先課題に掲げ、両国間の対立を深めている。米国の新政権ではまだ多くの人事が未定であることも、貿易交渉をいっそう難しくしている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-3-25

    流行の兆し!「テマケリア」ブラジル発の手巻き寿司、ミツカンおすすめレシピも紹介

    テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファス...
  2. 2017-3-2

    第101回 エネルギー

     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  3. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  4. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  5. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る