6州もEV税導入を計画〜税収減に対応、合計16州に

2017年に入って6つの州が、電気自動車(EV)のオーナーに年180ドルを課税する計画を発表した。法案が可決されれば、同種のEV税を導入する州は16州となる。

環境団体シエラ・クラブによると、EV税の目的は燃料販売の減少による税収減少の穴埋めにある。6州はインディアナ、サウスカロライナ、カンザス、テネシー、ニューハンプシャー、モンタナ。すでにワイオミング、コロラド、バージニア、ネブラスカ、ミズーリ、ワシントン、ノースカロライナ、アイダホ、ジョージア、ミシガンが年間50〜300ドルのEV税を課している。

EV購入に対する補助金も、EVの販売が増加し、技術の革新やインフラ改善でEV所有が普通車の所有と大差がなくなるのに伴い、徐々に廃止されると見られている。中国の場合、17年初めから補助金を20%引き下げており、20年までには完全に廃止すると見られている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-7-2

    アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  2. 2017-8-5

    第106回 Dementia(認知症)

     愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  3. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  4. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  5. 2016-11-1

    ビールメーカー 4000社超の激戦時代 海外ブランドにも 大きなチャンス

    サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る