ゴープロ、270人を解雇し赤字を回避へ 〜消費者製品市場動向の激しさを反映

 俗にアクション・カメラの市場を開拓したことで知られるゴープロ(GoPro)は16日、270件の職を減らすことで2017年の通年決算をノン・ギャープ(non-GAAP)で黒字化させる計画を明らかにした。
 
 ギャープ(GAAP=Generally Accepted Accounting Principles)とは、妥当性があると認められた会計原則。ノン・ギャープは、一時的コストを除外した基準による会計原則。
 
 同社が数年前に売り出した身体装着型キャムコーダーは、アウトドアやスポーツの愛好家たちから世界中で支持された。それまでは撮影できなかった臨場感あふれる躍動的動画を記録してインターネットに簡単に投稿できることから、最初の3〜4年に利用者は激増した。
 
 しかし、2015年後半から販売台数が落ち込み始め、2016年には販売低迷が継続した。規模拡大による経費増大と販売回復のめどが立たないことによって、2017年の通年決算が赤字になる見通しとなった。消費者電子機器の激しい需要動向を明示する事象といえる。
 
 ベンチャービート誌によると、270件の人員削減は、既存従業員の解雇と空職の撤廃によって実施される。同社は5ヵ月前に約200人を解雇し、娯楽向け事業部を閉鎖した。その10ヵ月前には約7%の従業員を解雇している。
 
 【http://venturebeat.com/2017/03/15/gopro-to-lay-off-270-people-expects-full-year-profitability-in-2017/?google_editors_picks=true】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-9-4

    第40回 ロールモデル

    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  2. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  3. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  4. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  5. 2017-2-1

    日本の食 自然志向最前線

    加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る