ジャケットの袖で端末操作〜グーグルとリーバイスの新衣料

 グーグルとリーバイスの共同開発事業「プロジェクト・ジャカード(Project Jacquard)」が、通信機器の操作が可能なデニム素材のジャケットを発表した。
 
 クリスチャン・サイエンス・モニターによると、服自体にディスプレイなどは付いていないが、電導性のジャカード繊維が織り込まれているため、袖の手首部分を触ることでスマートフォンなどを操作できる。「スマートジャケット」とも呼べるこの服の目に見えるハイテク部品は、左袖のクリップのような部分だけだ。
 
 袖口の小さな端子にUSBを差し込むことで機器の操作が可能になり、USBを抜けば普通のジャケットのように洗濯機で洗うこともできる。
 
 開発者らは、眼鏡型端末「グーグル・グラス」のように新しい拡張現実(AR)技術でユーザーを驚かせるのではなく、携帯電話を取り出したりスマートウォッチを見たりすることなく端末を操作する機能を提供することを重視した。例えば自転車に乗っている時でも、前を見ながら左袖に触れるだけで聴いている音楽や地図情報の更新などができる。
 
 このジャケットは2017年秋に350ドルで発売される予定。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...
  2. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3. 2017-10-1

    心の病 相談室

    Q.1 在米日本人が発症するうつ病は、どのような経緯で陥るケースが多いのでしょうか?A....
  4. 2017-8-1

    必勝ガイド 就職&転職

    2017年の米国就職市場 US JOB MARKET  就職活動と一口にいっても、日...
  5. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る