ジャケットの袖で端末操作〜グーグルとリーバイスの新衣料

 グーグルとリーバイスの共同開発事業「プロジェクト・ジャカード(Project Jacquard)」が、通信機器の操作が可能なデニム素材のジャケットを発表した。
 
 クリスチャン・サイエンス・モニターによると、服自体にディスプレイなどは付いていないが、電導性のジャカード繊維が織り込まれているため、袖の手首部分を触ることでスマートフォンなどを操作できる。「スマートジャケット」とも呼べるこの服の目に見えるハイテク部品は、左袖のクリップのような部分だけだ。
 
 袖口の小さな端子にUSBを差し込むことで機器の操作が可能になり、USBを抜けば普通のジャケットのように洗濯機で洗うこともできる。
 
 開発者らは、眼鏡型端末「グーグル・グラス」のように新しい拡張現実(AR)技術でユーザーを驚かせるのではなく、携帯電話を取り出したりスマートウォッチを見たりすることなく端末を操作する機能を提供することを重視した。例えば自転車に乗っている時でも、前を見ながら左袖に触れるだけで聴いている音楽や地図情報の更新などができる。
 
 このジャケットは2017年秋に350ドルで発売される予定。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...
  2. 2016-8-9

    リオ・オリンピックへ 米新体操団体代表 アリサ・カノウさん

     新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...
  3. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  4. 2017-4-2

    アメリカン航空で飛び、 OnlyOneTravelで巡る 今、キューバが熱い!

    DAY 1 首都ハバナに到着  アメリカン航空での空の旅からスタート。今回は...
  5. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る