CT州自治体も「歩きスマホ」の禁止検討

 7月のハワイ州ホノルル市に続き、コネチカット州スタンフォード市も「歩きスマホ」の禁止を検討しており、2017年内に同様の条例を導入する可能性がある。
 
 ブルームバーグ・ニュースによると、スタンフォードのデイビッド・マーティン市長は「道を歩く時は注意しないと危険だということ」と、規制の理由を説明する。歩きながらスマートフォンを使うことの危険性はさまざまな研究でも示されており、スタンフォード市議会のジョン・ゼリンスキー議員は「禁止されると確信している。違反者には警察がチケットを切るようになり、今のところ罰金30ドルが検討されていて、市民は歩きスマホについて考えを改めるようになる」と話している。
 
 米国ではほとんどの州が自動車運転中のテキスト受送信を禁じているが、歩きスマホに関しては意見が分かれ「どこを見て歩くかまで政府に指図されたくない」という人もいる。しかし、知事幹線道路安全協会(GHSA)の統計によると、歩行中の事故死者は近年急増しており、15年の5376人から16年は6000人近くに増え、過去20年で最高、14年比では22%の増加となった。
 
 これらの死亡事故にテキスティングが絡んでいたかどうかを示すデータはないが、元ニューヨーク市運輸局交通安全課長のリチャード・レティング氏は「40年間記録を取り続ける中で、2年連続で最多を記録すれば状況が一変したと考えるのが普通。携帯電話の普及を考えると、スマホ絡みという見方は決して飛躍しすぎではない」と指摘する。
 
 ホノルルの条例は10月に施行される予定で、罰金は最低15ドル、違反が重なると99ドルと高額になる。スタンフォードでは、議決前に条例の導入が地方警察に与える負担など何点か詳細を話し合う必要がある。
 
 この問題に対して異なる手法を取る自治体もあり、ロサンゼルス市警は「look up, phone down」(電話をやめて前を見よう)の啓発運動に乗り出した。ドイツのアウグスブルクでは携帯機器を見つめる人にも分かるよう、信号を歩道に埋め込んでいる。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2015-10-23

    シリーズアメリカ再発見㊶ ハワイ島 マウナラニの息吹

    活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成す...
  2. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3. 2017-9-1

    アメリカで話題沸騰日本発のお菓子・デザート

    この夏、全米のCostcoでも店頭に並び、アメリカ全土で親しまれている「 Hello...
  4. 2017-11-2

    第9回 「川とチーズとビール」 ウィスコンシン州

    名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  5. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る