広告売り上げ、4-5%増か〜17年、ウェブ関連が好調

 米国内の2017年広告売り上げは、インターネット関連企業の大幅な支出増を受けて4〜5%増加するとの予想を、調査会社のピボタル・リサーチ・グループ(ニューヨーク州)が発表した。
 
 ウォールストリート・ジャーナルによると、グーグル、アマゾン、エクスペディアを含むウェブ大手10社が最新四半期に販売およびマーケティング支出を平均24%増やした。ピボタルのアナリスト、ブライアン・ウィーザー氏は「ウェブ大手は他のタイプの広告主を大幅に上回るペースで広告支出を増やしたと考えられる」と述べた。
 
 カンター・メディアの調べによると、アマゾンは16年に米国のメディアに9億5120万ドルの広告費を投じ、前年の8億7720万ドルから約8%増やした。
 
 デジタル・メディアは、ウェブ関連企業の支出増によって収入を20%増やす可能性が高いと、ウィーザー氏は指摘する。グーグルやアマゾンを含む大手ウェブ広告主の多くは、自身が広告料を受け取るデジタル・メディア・プラットフォームでもある。ウィーザー氏は「販売の変動が激しい消費財メーカーなど多くのマスマーケターの低迷が広く報道されていることを考えると、広告業界の伸びは注目に価する」と述べた。
 
 伝統的なマーケターはそれほど伸びていないため、全米テレビ広告は1%減、ラジオや屋外広告も同様の動きが予想され、ほとんどの印刷メディアは二桁の落ち込みになると、ピボタルは見込んでいる。フェイスブックやグーグルといったデジタル・メディアは、今のところデジタル広告支出増の恩恵にあずかっているが、デジタル・メディアの国内広告収入の増加率は、数年以内に10%台前半を経て一桁台後半まで減速すると予想されている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-9-2

    第60回 夏休みの課題本

    「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  2. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  3. 2016-11-2

    第97回 The Sato Project

     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...
  4. 2016-7-30

    シリーズアメリカ再発見㊸ アートで再生! デトロイト

     「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...
  5. 2017-9-1

    Howdy Y’all !!!

    HOWDY!!! 通年を通して過ごしやすいCAと違い、こちらダラスは9月になっても秋の雰囲気...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る