食品の期限表示を見直そう〜業界団体、廃棄食料の削減で

 食べられることなく捨てられる食料の多さが世界的な問題となる中、業界には 食品に表示する消費期限を見直す動きが広がっている。公共ラジオNPRによると、米国の食料廃棄量は年間1330億ポンドと推測され、 世界では13億トンが無駄に捨てられている。その理由の1つは食品に表示されて いる日付をめぐる混乱で、いわゆる「販売期限(sell by date)」が過ぎるとま だ安全に食べられる食品でも捨ててしまう人が多いためだ。一般的な米世帯は最 終的に捨てられる食品に年間約1500ドルを支出しており、全米の無駄遣いは膨大 な額に上る。
 
 そこでウォルマート、ケロッグ、ネスレ、キャンベル・スープ、アマゾンなど 食品・消費財メーカーや小売店400社以上が加盟する国際業界団体、消費財フォ ーラム(CGF)はこのほど、政府、企業、国際機関、研究機関などの代表で作る 「チャンピオンズ12.3」の総会で、世界の同業に日付表示の簡素化を呼びかけ た。CGFのサステイナビリティ担当責任者イグナシオ・ガビラン氏は「目標は、 消費者の混乱を鎮めるため食品の日付表示を世界的に簡略化し、統一すること」 と説明する。
 
 CGFの取り組みは、全米食品製造業者協会(GMA)と食品マーケティング協会 (FMI)による自主的活動を基盤にしており、その目標は、紛らわしいさまざま な言葉で食品パッケージに表示されている消費の目安となる日付を「BEST if Used By」(賞味期限)と「Use-By」(消費期限)の2つに統一することにある。
 
 賞味期限は食品の品質に関する目安で、この日を過ぎると味や質は落ちる可能 性があるが、安全性が損なわれるわけではない。一方、消費期限は劣化が早くあ まり保存が利かない食品に使われる表示で、その日を過ぎると食べない方がい い。
 
 チャンピオンズ12.3は、国連が2015年に定めた「30年までに世界の食料廃棄物 を50%削減する」という目標の達成を目指している。チャンピオンズによると、 世界人口の28%が食料廃棄物の削減を目指す地域に住んでおり、世界の食品大手 50社のうち60%が食品の無駄や余剰の削減目標を定めている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  2. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  3. 2017-1-1

    新春スペシャル 旅行のプロに聞く 南北アメリカの絶景スポット

    Canada オーロラベルト直下イエローナイフ 幻想的なスペクタクルショー  オー...
  4. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  5. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る