インテル、スマートめがねの市場機会に期待 〜レーザーで情報を網膜に照射

 スマートめがねはこれまで、市場創出の可能性が期待され、いくつかの技術会社らが市場開拓を試みてきたが、成功した事例はない。グーグル・グラスがもっとも近い位置にいたものの、実質的な機会を得たことはない。しかし、インテル(Intel)は5日、開花しそうでしないスマートめがね市場の開拓に挑戦する方針を明示した。
 
 テッククランチ誌によると、ヴォーント(Vaunt)と名づけられたインテルのスマートめがねは、ごく普通のプラスチック枠を使っており、一般的なめがねと見分けがつかない外観だが、低出力レーザーとプロセッサー、加速度計、ブルートゥース・チップ、羅針盤を内蔵している。
 
 重さは50グラム未満で、スナップ・スペクタクルズ(Snap Spectacles)の半分だ。カメラは内蔵されていない。
 
 ヴォーントの特徴は、画像や情報をレーザーで網膜に直接送る機能だ。たとえば、誕生日の通知や受信メッセージをヴォーントに転送されるように設定すれば、レーザーがその情報を利用者の網膜に送る。台所にいる際には、調理方法といった情報をレーザーによって知ることもできる。
 
 レーザーが網膜に直接あたることから、送られる情報や画像の焦点はつねに完璧にあっており、ぼやけて見えることはないという。
 
 将来的には、マイクロフォンが内蔵される可能性があり、また、アマゾンのアレクサ(Alexa)に代表される仮想執事(自然言語処理人工知能)にアクセスできる機能が搭載される可能性もある。
 
 現時点では、ヴォーントがどのように市場投入されるのか未定だ。
 
 インテルは、SDK(software development kit)を近く投入し、開発者らによるアプリケーション開発を奨励するプラットフォームを公開する計画だ。その時期もまだ決まっていない。
 
 【https://techcrunch.com/2018/02/05/intel-wants-smart-glasses-to-be-a-thing/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-8-5

    第106回 Dementia(認知症)

     愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  2. 2013-10-5

    シリーズ世界へ! YOLO⑭ Pura Vida! コスタリカ 前編

      Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  3. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  4. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...
  5. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る