油彩画家・原太一氏 NYのギャラリーで個展を開催

アートの本場ニューヨークで開かれた「ザ・コンテスト・イン・ニューヨーク」(NEW YORK ART WAVE PROJECT主催)において、みごとグランプリに選ばれた原太一氏。「Legend」と呼ばれる彼の代表作には、オランダの巨匠ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」を引用。塔の上には空から落ちてきたかのような牛骨が突き刺さり、手前にはこれを目撃したウサギが描かれている。

このグランプリの副賞として、今年の11月にニューヨークで個展を開くこととなった。テーマは「A Journey to the Tower」。この「Legend」の地の塔へたどり着くまでのウサギの旅を、ほかの作品群とともに表現する。

各作品に描きこまれた、哀愁をおびた「ウサギ」の視点は、旅先案内人の役割を果たす。展示される作品には、独自にイメージされた風景や建物、乗り物、キャラクターがアカデミックな描写力で描かれている。作品はバリエーションに富み、ポップで肖像画的なテイストをまとい、名画へのオマージュやさりげない社会風刺も入り、見る者を飽きさせない。

原氏は日本の美術大学で油彩を専攻、卒業し、2006年から地道に絵画の発表活動を続けてきた。今年初頭には大手老舗画廊・日動画廊主催のコンクールで受賞。

海を渡る日本生まれの「ウサギ」が、ニューヨークの地でどんな旅をするのか注目していただきたい。

■開催日時:2018年11月7日(水)~11日(日)0:00-6:00pm
オープニングレセプション は7日(水)6:00-8:00pm
■開催場所:Ashok Jain Gallery (58 Hester Street, New York, NY 10002)
■主催者:NEW YORK ART WAVE PROJECT
■アーティストサイト:https://www.taichihara.net/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る