油彩画家・原太一氏 NYのギャラリーで個展を開催

アートの本場ニューヨークで開かれた「ザ・コンテスト・イン・ニューヨーク」(NEW YORK ART WAVE PROJECT主催)において、みごとグランプリに選ばれた原太一氏。「Legend」と呼ばれる彼の代表作には、オランダの巨匠ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」を引用。塔の上には空から落ちてきたかのような牛骨が突き刺さり、手前にはこれを目撃したウサギが描かれている。

このグランプリの副賞として、今年の11月にニューヨークで個展を開くこととなった。テーマは「A Journey to the Tower」。この「Legend」の地の塔へたどり着くまでのウサギの旅を、ほかの作品群とともに表現する。

各作品に描きこまれた、哀愁をおびた「ウサギ」の視点は、旅先案内人の役割を果たす。展示される作品には、独自にイメージされた風景や建物、乗り物、キャラクターがアカデミックな描写力で描かれている。作品はバリエーションに富み、ポップで肖像画的なテイストをまとい、名画へのオマージュやさりげない社会風刺も入り、見る者を飽きさせない。

原氏は日本の美術大学で油彩を専攻、卒業し、2006年から地道に絵画の発表活動を続けてきた。今年初頭には大手老舗画廊・日動画廊主催のコンクールで受賞。

海を渡る日本生まれの「ウサギ」が、ニューヨークの地でどんな旅をするのか注目していただきたい。

■開催日時:2018年11月7日(水)~11日(日)0:00-6:00pm
オープニングレセプション は7日(水)6:00-8:00pm
■開催場所:Ashok Jain Gallery (58 Hester Street, New York, NY 10002)
■主催者:NEW YORK ART WAVE PROJECT
■アーティストサイト:https://www.taichihara.net/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
  2. 2021年2月4日

    バイデン政権とは?
    バイデン大統領は、トランプ大統領とは対照的に、パンデミック、経済的苦境および政治的分断に疲弊...
  3. 冬は温度、湿度ともに低くなるため皮脂や汗の分泌が少なくなり、お肌の潤いを守る皮脂膜が作りにく...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  5. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  6. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  7. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  8. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
ページ上部へ戻る