吉屋 敬氏「フェルメールと 『オランダの光』」講演会を開催

吉屋 敬氏

生前大きな名声を得ながら、その後長く忘れ去られていた17世紀のオランダ画家、フェルメール。彼の作品はわずか35〜36枚しか現存せず、最大でも45、6枚しか描かなかったといわれている寡作な画家だ。

そのフェルメールの多くの謎を、画家でありエッセイスト、ゴッホ研究家でもある吉屋敬さんが、図版を映写しながら検証し、解き明かしていく。講演会では、フェルメールが描いたモティーフの意味や当時の社会背景との関係、ヨーロッパで「オランダの光」と呼ばれた特別な光とフェルメールの光との関係などを解説。また、フェルメールが生きた世界と時代についてや、寡作なのになぜこれほどの名声を得たのか、デッサンや習作はなぜ1枚も残っていないのかといった、フェルメールの謎にも迫る。

■開催日時:2018年11月14日(水)6:30 – 8:00pm(開場6:00pm)
■開催場所:日本クラブ(145 W 57th St., New York, NY 10019)
■参加費:一般$20 / 日本クラブ会員$15(1ドリンク付き)
■申し込み:212-581-2223 または yhonda@nipponclub.org(担当:本多)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-10-1

    心の病 相談室

    Q.1 在米日本人が発症するうつ病は、どのような経緯で陥るケースが多いのでしょうか?A....
  2. 2016-9-4

    第40回 ロールモデル

    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  3. 2018-2-7

    第65回 学校の環境とそこでの出会い

    2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  4. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...
  5. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る