無料セミナー「公的支援制度の使用と米国滞在資格への影響について」開催

9月にトランプ政権が発表した公的支援制度の使用とそれにともなうビザや永住権への影響の提案について、さまざまな噂が飛び交っている。そこで日米ソーシャルサービス(JASSI)は、きちんとした情報を届けるために、ニューヨーク市長室移民事務局(NYC Mayor’s Office Immigrant Affairs)のスピーカーを招き、公的支援制度受給とその影響 (Public Charge)についてのセミナーを開催する。 日本語通訳付きでなので、英語に自信のない人も気軽に参加できる。

こんなことについて講演
•メディケイド(低所得者用公的医療保険)をもらっていると グリーンカードの申請ができない?
•未成年のアメリカ市民がフードスタンプ(SNAP)をもらっていると、親の永住権申請に影響が出る?
•政府からのベネフィットは何も受給しない方が良いの?
•低所得の高齢者が半年以上国外に出ると、再入国時に永住権に影響が出る?

公的支援制度の使用と米国滞在資格への影響について
■開催日時:2018年11月19日(月) 1:00 – 2:30pm(質疑応答を含む)
■開催場所:JASSI/City Hall Senior Center シティーホールシニアセンター内(100 Gold St., Lower Level, Room 4, New York, NY 10038)
■定員:20名(先着順)
■申し込み:Tel 212-442-1541 x1 または e-mail event@jassi.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-8-14

    Shop Airlines, Ltd. アメリカのビジネスは、今

    日本最大級の海外ショッピングサイト「セカイモン」を運営するShop Airlines, Lt...
  2. 2017-3-1

    第46回 黙って読む教科書

     数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくなるのを見...
  3. 2016-10-2

    シリーズアメリカ再発見㊽ 地球は回っている ハワイ島マウナケアの日の出

     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  4. 2017-9-3

    第56回 日本のナチュラルワイン人気について

    日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  5. 2018-2-3

    「日本の文化や技術」を ハリウッドから情報発信

    親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る