6月24日 日本クラブ・スペシャルウェビナー「写真家名畑文巨の“笑顔を引き出して子供を撮ろう”」を開催

長きにわたるロックダウンに加え、人種差別の問題をめぐり全米各地で抗議デモが続くなど、社会は今、大きく揺れ動いている。ストレスを抱える人々に少しでも安らぎを感じて欲しいとの思いから、日本クラブはこどもの持つ前向きなエネルギーをテーマとした写真撮影テクニックのウェビナーを開催する。

講師となるのは、人を幸せな気持ちにさせる独自のこども写真の世界を表現している写真家・名畑文巨氏。長年培ってきた豊富な撮影テクニックを駆使しながら、常にこどもの目線で愛らしい表情をとらえ続ける「あやしの達人」に、自然な笑顔を引き出すテクニックを教えてもらう。

今回の講座のポイントとなるのは3つ。①笑顔の引き出し方、②幸せ感の出る構図の作り方、③幸せ感の出る光の捉え方。

一生残るわが子の思い出の写真を、もっときれいに、もっと楽しくできるコツを学ぼう。

■開催日時:2020年6月24日(水)7:00-8:00pm
■参加費:無料
■申し込み:www.nipponclub.org

名畑 文巨(なばた ふみお)

大阪府在住。こども写真館や大手写真館などで長年こども撮影に携わることで、こどもをあやして撮る技術を修得し、こどもの持つ前向きなエネルギーをテーマに作家活動に入る。2009年にAPAアワード文部科学大臣賞を受賞、2010年にニューヨーク日本クラブにて個展「Be Loved」を開催。現在は新たなテーマとして世界の障害のあるこどもを取材撮影し、写真展「ポジティブエナジーズプロジェクト」を実行中で、2018年にロンドンで第1回写真展を開催。本年12月に国連本部、2021年に東京パラリンピックに合わせて東京・大阪での開催を予定し。日本写真家協会 (JPS) 会員、日本広告写真家協会 (APA) 会員。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. ●施行から1年間、CCPAは、対象事業者により従業員について収集された情報またはBtoB...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  9. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  10. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
ページ上部へ戻る