日本クラブ パンデミックにおけるスペシャルウェビナーを開催(7月9日)

パンデミックによって、こどもを取り巻く生活環境が大きく変わった。3月に突然決まった休校の措置は長期化し、そのまま夏休みを迎えた。先行きが不透明で不安や焦りが募るなか、こどもの生活の乱れや健康上の問題、学習の遅れなど、親にとって心配は増えていく。

日本クラブでは、ニューヨーク州認定スクール・サイコロジストのバーンズ亀山静子氏と、ニューヨーク州認定クリニカル・サイコロジストの森真佐子氏を迎え、親とこどもの心のケアを中心としたセミナーが開催される。日頃から子育てやこどもの適応について相談を受けている二人のサイコロジストの話を聞きながら、効果的な方法を考えよう。

1. 「パンデミックの中で子どもの学習と心を支援する」 バーンズ亀山静子 (Shizuko K. Barnes)

現地校も日本人学校も3月から学校が開かないまま、オンライン学習が続きました。自宅待機と休校が長引くことで、親御さんには、お子さんの学習支援から生活面のしつけ、精神面でのケアも必要となり大変です。何か月も続いた自粛生活で親子双方に大きなストレスを抱えている家庭も多くなっています。社会は再開に向かっていますがこの先どうなるかは不透明で、学校に至っては夏以降の動向もまだわからないままです。そんな状況の中でどんなことに気をつけて夏を過ごしたらよいか、みなさんで一緒に考えていきませんか。

 

 

2. 「パンデミックの中での親のセルフケアの重要性」 森真佐子(Masako Mori, Ph.D.)

アメリカの心理学研究により、親の心理状態は子どものそれに大きく影響を与えることがわかっています。パンデミックという非常事態の中、まだまだ先が見えない状態が続いています。今後も子ども達に必要な学習の支援や生活面でのしつけ、心のサポートをしていくために、親ごさんご自身がセルフケアに気をつけることが大切です。ウェビナーではエビデンスに基づいた効果的なセルフケアの方法をご紹介します。どうぞご参加ください。

 

 

 

■開催日時:2020年7月9日(木)7:00-8:00pm
■参加費:無料(任意で医療従事者への弁当プロジェクトへ寄付)
■定員:先着500名
■申し込み:www.nipponclub.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る